このページの先頭です
安曇野市 外国籍の皆さんへの生活ガイド
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
ポルトガル語 PORTUGUES
にほんご HOME

本文ここから

公的年金について

【2014年9月17日更新】

日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の人は、国籍に関係なく、原則として国民年金に加入します。
また、会社や工場に常時雇用されている70歳未満の人は、国籍や報酬の額に関わらず、厚生年金保険に加入します。厚生年金に加入している人は、国民年金にも同時に加入しているものとして取り扱われます。

年金保険が給付される人

  • 65歳以上の皆さんで、年金保険料を通算25年以上納めた人(老齢基礎年金・老齢厚生年金)
  • 病気や事故などで障害者となった被保険者(障害基礎年金・障害厚生年金)
  • 被保険者が死亡した場合、その遺族(遺族基礎年金・遺族厚生年金)

保険料

【第1号被保険者(自営業者、農林漁業者、自由業など)】 
定額保険料・・・月額 15,100円(平成22年度)
付加保険料・・・月額  400円(定額保険料にプラスして希望する場合)
上記を、社会保険庁から送付される納付書により、金融機関などで納めてください。口座振替もご利用いただけます。
●前納割引制度
その年度の保険料を、あらかじめ一括して納付すると割引されます。詳しくは、松本年金事務所(電話:0263-35-5821)
【第2号被保険者(厚生年金、共済組合に加入している人)】
給料から差し引かれます。
【第3号被保険者(厚生年金、共済組合に加入している人に扶養されている配偶者)】
厚生年金および共済組合が制度全体で負担するため、自分で納める必要はありません。

手続きが必要な場合

20歳になったとき、勤め先や住所が変わったとき、結婚・離婚をしたときなどは手続きが必要です。
詳しくは、各総合支所の市民福祉課国保年金係へお問い合わせください。

脱退一時金

年金保険料を6ヶ月以上納めた外国籍の人が日本に住所を有しなくなったときは、脱退一時金が支給されます。請求手続きは、日本出国後2年以内に行ってください。
■手続きの方法
(1) 日本を出国する前に、お近くの年金事務所または各総合支所の窓口で、「脱退一時金裁定請求書」の用紙を入手します。
(2) 出国後、(1)の用紙に必要事項を記入し、年金手帳・パスポートの写し・銀行通帳の写しとともに下記へ送付してください。
 送付先: 〒168-0071東京都杉並区高井戸西3の5の24
その他詳しくは、日本年金機構で発行しているパンフレットをご覧ください。

問い合わせ

各支所 地域課 市民福祉担当
 [豊科] 電話 0263-72-3111  ファックス 0263-72-8340
 [穂高] 電話 0263-82-3131  ファックス 0263-82-6622
 [三郷] 電話 0263-77-3111  ファックス 0263-77-6060
 [堀金] 電話 0263-72-3106  ファックス 0263-72-4900
 [明科] 電話 0263-62-3001  ファックス 0263-62-4747
 

※「用語解説」のリンクはWeblio辞書の用語の解説ページへ移動します。

お問い合わせ

政策部 秘書広報課  担当課ページを見る
住所:〒399-8205長野県安曇野市豊科4932番地46 (本庁舎内)
電話:0263-71-2000  ファックス:0263-71-5000

本文ここまで


Copyright © Azumino City All rights reserved.
このページのトップに戻る