このページの先頭です
安曇野市
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
市へのご意見・お問い合わせ
  • トップページ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ

  • 暮らしの便利帳
  • 事業者の皆さんへ
  • 行政情報
  • 安曇野市の紹介
  • 観光案内


本文ここから

梅雨空に舞う

【2011年6月24日更新】

蝶ヶ岳に残る蝶の雪形
蝶ヶ岳に残る蝶の雪形

 市内から見える蝶ヶ岳の尾根に、名前の由来にもなった蝶の雪形が見えるようになりました。
 梅雨の時期とちょうど重なるので、毎年気がついた時には、ほとんど消えているような事も多くあります。かすかに見え始めていますが、もう少し後になると、中央に胴体のような黒い筋が見えるようになります。
 ポジ型と呼ばれる残った雪が形を作るタイプ。写真中央上の雪の部分です。
(撮影:2011年6月15日穂高から)
 

蝶の雪形が見頃を迎えました(蝶ヶ岳)

およそ1週間後、蝶の胴体を思わせる黒い地肌が現れ、「蝶」の見頃を迎えました。
(撮影:2011年6月22日明科河川敷から)

蝶の雪形は、明科河川敷からだと、ちょうど矢印のあたりに見ることが出来ます。
蝶の雪形は、明科河川敷からだと、ちょうど矢印のあたりに見ることが出来ます。

※「用語解説」のリンクはWeblio辞書の用語の解説ページへ移動します。

お問い合わせ

政策部 秘書広報課  担当課ページを見る
住所:〒399-8205長野県安曇野市豊科4932番地46 (本庁舎内)
電話:0263-71-2000  ファックス:0263-71-5000

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで

Copyright © Azumino City All rights reserved.
このページのトップに戻る