ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市議会 > 議会改革検討委員会(平成21年5月から平成23年10月)

議会改革検討委員会(平成21年5月から平成23年10月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

地域主権の進展により地方自治体の役割が増すとともに、地方自治への市民意識が高まりつつある時代を迎え、議会も自ら活性化を図る改革が求められると考え、議会改革検討委員会を設置し、議会改革に向けた取り組みを開始しました。平成23年10月26日に議会改革検討委員会は議長に答申書を提出し、その任務を終えました。

議会改革検討委員会の経過

平成23年10月

6回の委員会協議を経て、議会改革検討委員会委員長から議長に対し答申書を提出。

平成22年7月

「安曇野市議会改革検討委員会分科会設置要項」を確認。

  1. 議会議員定数28人の妥当性
  2. 政務調査費年額90,000円の妥当性

について、分科会ごとに調査、研究および協議が始まる。

平成22年5月

当面の議会改革の課題を

  1. 議会議員定数
  2. 政務調査費

とし、平成23年8月頃までに結論を出すことに。

平成22年3月

委員会構成、検討課題の確認。
課題ごとの分科会で検討することに。

平成21年12月

議長から諮問書が提出され、本格的な検討が始まる。
諮問事項は次の通り。

  1. 議会議員定数について
  2. 政務調査費について
  3. 議会基本条例について

議員改選

平成21年10月

第1回の安曇野市議会改革検討委員会で委員会設置要綱に基づき、正副委員長の選任。
第2期目市議会議員へ申し送り。

平成21年8月

会派代表者会議で委員会設置要綱を決定。

平成21年5月

議長に対し、当時(平成20年12月)の会派「安政会」より

  1. 議員定数
  2. 政務調査費の検討要請

があったことを受けて、議会運営委員会で協議した結果、「安曇野市議会改革検討委員会」を任意の会として設置し検討へ。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)