ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > まちづくり > 協働 > 花街道 > 2009アルプス花街道イベント アルプス花街道in安曇野 花のじゅうたん-「夢」・「想」・「花」-

2009アルプス花街道イベント アルプス花街道in安曇野 花のじゅうたん-「夢」・「想」・「花」-

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

 暑さも落ち着き始めた8月23日 中央道豊科インターを降りてすぐ北西、スワンガーデン安曇野内スワンホールにて、『2009アルプス花街道in安曇野 花のじゅうたん-「夢」・「想」・「花」(むそうか)-』と題してイベントを開催しました。
晴れ渡った夏の空の下、日曜日ということもあり、非常に多くの皆さんにご来場いただきました。
アルプス花街道の活動をPrするとともに、安曇野市のイメージアップを図ることを目的に実行委員の皆さんの手で作り上げました。

オープニングセレモニー

市長あいさつ

風船プレゼント

オープニングセレモニーでは、平林市長、水谷市議会副議長、和沢安曇野建設事務所長様にごあいさつをいただきました。また、安曇野市内各地区の区長さんや市議会議員の皆さん、各総合支所長をお招きし、盛大に行うことができました。
オープニングに使用した風船はご来場いただいた皆さんにプレゼントします。

「想」いを写真に

写真展

写真を見学

花の写真展-「夢」・「想」・「花」-と題して各区画で撮影した写真を展示しました。
花のアップ写真や作業をしているところ、区画の前で集合写真など、それぞれの団体で趣向を凝らし撮影・作成された写真が展示されお客様を楽しませました。

「花」のじゅうたん

じゅうたん画

じゅうたん画

今イベント展示の目玉!合わせて畳16枚分の大きさの絨毯画です。
これは道路や広場などに花びらなどにより絵模様(花絵)を描き、鑑賞する、イタリアのジェンツァーノ市で200年以上続くお祭り「インフィオラータ」をもとにしています。
今回のイベントでは、花びらではなく、実行委員の皆さんが育てたのマリーゴールドを中心に、飯田区、豊科花き専門委員会などの花き栽培農家の皆さんからご協力いただき、りんどう・アスター(エゾギク)・ひまわりなどの生花をそのまま使用しました。
絵は安曇野市内在住の平林円香さん、丸山春香さんに考えていただいたものを元に描きました。

階段の上から

通路

様々な視点でじゅうたん画を楽しんでもらえるように階段や2枚のじゅうたん画の間に石を敷き詰めて通路を作りました。

じゅうたん画体験コーナー

体験中

実行委員によるサポート

インタビュー

見本

ご来場の皆さんにじゅうたん画をもっと楽しんでいただけるよう体験コーナーを設けました。
皆さん本当に楽しそうに作っていかれました。見ているこちらも思わず笑顔に。
作り終えた子に対してNHKからインタビューの依頼が!!笑顔ではきはきと答えていた様子が印象的でした。
作成したじゅうたん画と、実行委員で撮影した写真はプレゼントします。

「夢」を広げて

風船準備

空へ

イベントの終了と同時にマリーゴールドの種をつけた風船を空へと放しました。マリーゴールドを育てるという活動が広がり、そして花に心癒される人が少しでも多くなってほしいと思います。
イベントで使用した花は、来場者に無料でプレゼントしました。きれいに咲かせてくださいね!

花の配布(1)

花の配布(2)

アルプス花街道の活動とお問い合わせ

アルプス花街道実行委員会事務局
安曇野市豊科総合支所 地域支援課まちづくり推進係
電話:0263-72-3111(内線1118)
ファックス:0263-72-8340
Mail:toyoshina-sougou@city.azumino.nagano.jp