ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > まちづくり > 協働 > 花街道 > 平成26年度 アルプス花街道の取り組み

平成26年度 アルプス花街道の取り組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月30日更新

 安曇野を訪れる皆さんを手作りの花壇で歓迎する「アルプス花街道」の取り組みをご紹介します。
潤いのある地域づくりに向けて、市民と行政が一緒に汗を流し、協働によるまちづくりに取り組んでいます。皆さん、ぜひ「花街道」におでかけください。

 また、県道については、長野県の「信州ふるさとの道ふれあい事業(アダプトシステム)」の協定締結団体として、私たちの地域の道路の景観・美化活動に取り組んでいます。
 平成26年度は、市内10箇所でマリーゴールドの植栽を行いました。

【参加団体】86団体
【参加人数】1572人
【開花時期】6月下旬から10月下旬頃まで
【植栽場所】
(豊科地域)
・長野自動車道安曇野インターチェンジ北、県道柏矢町田沢停車場線及び安曇野わさび街道沿い約3キロメートルの区間
・国道147号、豊科南中学校南交差点から西約470メートルの区間
・市道豊科3033号線、たつみ保育園西路肩約250メートルの区間
・市道豊科3012号線、中萱堰東路肩約150メートルの区間
・市道豊科1375号線、田沢街道路肩約120メートルの区間
(堀金地域)
・広域農道、旬の味堀金物産センター前の沿線、上堀橋から下堀西交差点まで約2キロメートルの区間
(穂高地域)
・県道塚原穂高停車場線他、約2キロメートルの区間
・市道穂高2261号線、穂高南小学校東路肩約400メートルの区間
(三郷地域)
・市道三郷472号線、住吉神社交差点西 日本アルプスサラダ街道路肩約500メートルの区間
(明科地域)
・国道403号、明北小学校東路肩約170メートルの区間
【植栽延長】約9キロメートル

5月26日(土曜日)マリーゴールドの苗を一斉定植

苗の写真
当日は約8000株もの苗を配りました。

定植作業
定植作業の様子です。

5月26日(土曜日)マリーゴールドの一斉定植が行われました。地域や企業、団体等が定植に参加し、植え付け作業を行いました。

アルプス花街道通信が発行されました。

アルプス花街道の参加団体あてに、実行委員会事務局から「アルプス花街道通信」が発行されました。各地域の花の様子や花の管理についてお知らせしています。

マリーゴールドの花が満開となりました。

マリーゴールドの花
国道147号区画

8月に入り、市内10箇所のそれぞれの区画ではマリーゴールドが満開の時期を迎えています。マリーゴールドは10月上旬まで咲き続けておりますので、お近くに立ち寄った際は是非ご覧ください。

アルプス花街道通信Vol.2が発行されました。

6月に発行されたVol.1に引き続いてアルプス花街道の参加団体あてに、実行委員会事務局から「アルプス花街道通信」が発行されました。花の管理方法についてお知らせしております。

市内10箇所の区画の見回りを行いました。

三郷サラダ花街道
三郷サラダ花街道区画にて

市内にある10箇所の花街道について見回りを行いました。見回りは毎年、行っておりますが、害虫に対する予防策など徐々に対策が見つかるようになってきました。本年度の見回りで得られた知識を来年度に生かし、すべての区画で満開の花を咲かせたいと考えております。

アルプス花街道通信Vol.3が発行されました。

今回の花街道通信では、花の片づけについてお知らせをいたしました。事務局がマリーゴールドを使った染物に挑戦し、その方法について紹介しております。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)