ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険の手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月21日更新

手続きが必要になるとき

 次のような事由により、国民健康保険の資格が変更になったときは、変更した日から14日以内に手続きをしてください。
 特に、職場の健康保険などをやめたときの手続きが遅れますと、国民健康保険税が遡って課税され1納期ごとの納付額が高額になることがありますので、ご注意ください。

国保に加入する・安曇野市への転入(職場の健康保険等に加入していない方)
・子どもの出生
・職場の健康保険等(※任意継続を含む)をやめた、または扶養から抜けた
・生活保護を受けなくなったとき
国保をやめる・安曇野市外への転出
・本人の死亡
・職場の健康保険等に入った、または扶養になった
・生活保護を受けることになったとき
その他、届出が必要なとき・安曇野市内で住所を移した
・世帯主が変わった
・世帯をいっしょにした、世帯を分けた
・保険証を紛失した、保険証が汚れた、保険証が破れた

※任意継続とは、職場をやめた後、最大2年間は職場の健康保険に継続して入れる制度です。
 健康保険への加入、任意継続、扶養など、職場の健康保険についてはそれぞれの職場にお問い合わせください。

手続きを行う窓口について

 国民健康保険の各種手続きは、保健医療部国保年金課(本庁舎1階10窓口)または各支所地域課地域担当窓口で受け付けています。

手続きに必要なもの

○印鑑
職場の健康保険をやめた証明書(離職票、資格喪失証明書など)
○職場の健康保険証