ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年10月の工事状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月25日更新

全体の様子

1から3階までの作業用足場が撤去され、4階の足場が残るだけになりました。
外構工事も本格化しています。


西から東を望んだ全体の様子(平成26年11月4日撮影)

執務室、内装工事の状況

執務室も内装工事が進み、1階執務室では天井の張り付けが終了しました。

1階執務室の状況(
平成26年10月2日撮影

外構工事の状況

外構工事が着々と進められています。写真は駐車場わきの排水路を敷設している様子です。

外構工事の状況
平成26年10月7日撮影

地下オイルタンクの設置

本施設は、災害時の拠点機能として、ライフラインが断絶されても3日間は機能できるようにいくつかの対策が施されていますが、大型発電機もその一つです。写真は発電機用の1万リットルの重油タンクと、冷暖房用の7000リットルの石油タンクが地中に据え付けられた様子です。

地下タンクの状況
平成26年10月8日撮影

太陽光発電パネルの設置

屋上に太陽光発電のパネルが据え付けられました。発電量は約10キロワットです。

太陽光発電パネルが設置された状況
平成26年10月7日撮影

執務室にフリーアクセスフロア(二重床)の設置

各フロアの執務室は、コンピュータの配線や冷暖房の風が通る道として二重の床になります。アルミパネルが載るように足が並べられています。

フリーアクセスフロア設置状況
平成26年10月14日撮影

右折レーン新設工事が着工されています

新本庁舎にお越しいただく皆さんの車が安全に右折できるように、南側の道路に右折レーンを新設します。発注は都市建設部都市計画課ですが、完成までの間、皆様のご協力をお願いいたします。写真は、豊科近代美術館駐車場入口付近の工事状況です。

新本庁舎2階から東の右折レーン工事の様子
平成26年10月21日撮影

地下駐車場へのスロープ

地下駐車場への車の進入は、東から入り西に出る一方通行になります。冬季間、進入路が凍結しないよう、コンクリート内に循環液を回すパイプが張り巡らされました。この後、コンクリートを打って、車が通れるようにします。

地下駐車場からの出口スロープ
平成26年10月21日撮影

4階休憩室からの夕景

夕方、4階の休憩室から常念岳と有明山の方角を撮影しました。この部屋は、隣接の眺望デッキと共に、完成後は市民開放しますので、ぜひ眺望も楽しんでください。

夕方の北アルプスの眺め
平成26年10月30日撮影