ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年5月の工事状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月28日更新

全体の様子

いよいよ最上階、4階の柱・梁の組み立てが始まりました。4階は経済性を考慮し、鉄骨構造になっています。写真は、大型クレーンで柱を取り付けている様子です。


西から東を望んだ全体の様子(平成26年5月30日撮影)

4階眺望コーナーからの眺め

4階の北西には、屋根がないオープンスペースがあり、北アルプスのパノラマを堪能できます。4階床の型枠(デッキプレート)が敷かれたことで、4階からの眺望が可能となり、実際の景色が分かるようになりました。


(平成26年5月8日撮影)

吹き抜けの様子

東西の2箇所に吹き抜けがあります。これは自然採光による照明の節電効果と、階段室の役割を兼ね備えます。また、屋上へ換気する空気の経路、火災発生時には煙の排出経路という役割があり、完成すると4階から1階までまで見通せます。


(平成26年5月8日撮影)

アルミサッシの取り付けが始まりました。

栃木県の工場で製作された、アルミサッシが搬入され取り付けが始まりました。


平成26年5月13日撮影


平成26年5月16日撮影

500トンクレーンが解体されました。

現場の東側(豊科近代美術館駐車場側)で活躍していた、500トンクレーンが役目を終えて200トンクレーンに交代するため、解体のためのクレーン2台で3日かけての作業が始まりました。解体後は千葉県に運ばれました。


平成26年5月21日撮影


平成26年5月21日撮影

200トンクレーンの組み立て

500トンクレーンに代わり、200トンクレーンが組み立てられました。


平成26年5月27日撮影

4階鉄骨の組み立ての様子

月末から4階鉄骨の建て方(組み立て)が始まりました。6月中旬までの予定で、3つの工区に分けて2台の大型クレーンにより吊り上げられ、職人の皆さんにより順番に建てれらています。


平成26年5月30日撮影


平成26年5月30日撮影

このページのトップに戻る