ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年7月の工事状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月8日更新

全体の様子

4階にはALCという軽量気泡コンクリートの壁が鉄骨に取り付けられました。最上階となる4階の屋根にはコンクリートが打たれた後、防水工事が始まりました。
内装では引き続き壁の下地工事が行われ、また、空調機器の取り付けも始まりました。


西から東を望んだ全体の様子(平成26年7月25日撮影)

4階屋上コンクリート打設

現場打ちのコンクリート打設は、いよいよ4階まで進んできました。
平らな場所や立ち上がりの場所もあり、数日に分けて順番に打っていきます。


平成26年7月1日撮影


平成26年7月1日撮影

空調機器の取り付け

1階では、壁下地の取り付け、窓際の断熱ウレタン吹付けの後、換気や冷暖房の機器の取り付け、電気配線工事が始まりました。


平成26年7月8日撮影

1階天井下地の取り付け

空調機器等が取り付けられた後、天井板を貼るための下地が取り付けられました。最後に天井の通路部分にはカラマツの板が、事務室の部分には岩綿吸音板が貼られます。


平成26年7月19日撮影

安曇野赤十字病院屋上から撮影

4階まで建ちあがった様子を、安曇野赤十字病院の屋上から撮影しました。
2台ある大型のクローラークレーンは、両機とも8月には解体撤収されます。


平成26年7月25日撮影

ヒノキパネルの取り付け

先月お知らせしました、ヒノキパネルの取り付けが始まりました。
外断熱を採用しているため、内側から内装材、軽量気泡コンクリートパネル、断熱材、防湿シート、ヒノキパネルの順に取り付けられ、ヒノキパネルは断熱材を化粧する役目をしています。奥行き2メートルのバルコニーによって、風雨にさらされにくくなっています。


平成26年7月25日撮影

議場の屋根葺き

議場部分は天井が高くなっていますので、屋根が別になっています。屋上の防水シートの取り付けと、壁に鋼板が貼り始められました。


平成26年7月30日撮影


平成26年7月31日

 このページのトップに戻る