ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
あづみのキッズページ
トップページ > あづみのキッズページ > じっかせぎ(拾ケ堰)

じっかせぎ(拾ケ堰)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

空から見たじっかせぎ
空から見た、じっかせぎ

 じっかせぎは、あづみのでもっとも有名で大きなせぎです。
できたのは文化13年(1816年)で、長さは12キロメートル。工事のさいは、6万人もの人がたずさわり、わずか3カ月で完成したといいます。今は、およそ1,000ヘクタールの田畑をうるおしています。
このせぎは、ならい川から水を取り、あずさ川の下を通ってあづみのに水を運び、さいごはからす川へ流れ込みます。
じっかせぎは、ひょうこう570メートルのあたりを流れている「よこせぎ」とよばれるせぎです。そのため、水の取り入れ口と、からす川に流れ込むさいごの地点とは、わずか5メートルしか高低差(こうていさ)がないので、流れはとてもゆっくりしています。
 
「よこせぎ」のせつめいはコチラ

春のじっかせぎ
春のじっかせぎ