ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

待遇・給与等(平成29年3月1日現在)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新

給料

 
試験区分初任給(給料月額)
上   級178,200円
中   級158,800円
初   級146,100円

民間等における職歴等がある場合は、一定の基準により加算されます。
【参考】H28年度安曇野市職員の年齢別平均給料月額(一般行政職)
24から27歳平均 200,100円
28から31歳平均 225,100円
32から35歳平均 251,500円
36から39歳平均 290,200円

手当

給料のほか、扶養手当、通勤手当、寒冷地手当、時間外勤務手当、特殊勤務手当等が支給されます。

また、在籍期間に応じた期末手当と勤務成績に応じた勤勉手当が年2回(合計でおおむね4.3月分)支給されます。(採用初年度については、採用月により異なります。)

勤務時間・休日

勤務時間は、休憩時間を除き、1週間について38時間45分です。通常の場合は、月曜日から金曜日までの8時30分から17時15分まで(休憩時間は12時から13時まで)です。

原則として、土曜日、日曜日、祝日のほか、年末年始(12月29日から翌年の1月3日まで)は、休日です。(勤務形態により勤務時間・休日が異なる場合があります。)

 

休暇等

年次休暇として20日(採用初年度15日)を限度に付与されるほか、結婚、産休等による特別休暇や介護休暇等があります。

人事評価

市民サービスの向上のため、業務に対する問題意識を常に持ち、新たな課題にも積極的にチャレンジしていく職員が求められています。このことから、市では人事管理の一環として一人ひとりの能力や実績を適正に評価し、職員のやる気と働きがいを引き出す「人事評価制度」を導入しています。

人事評価制度
 ポイント
1組織の目標を達成するために自ら設定した個人目標の達成度を評価する目標管理の手法を用いた「業績評価」と、業務の過程で発揮された能力や取組姿勢などを評価する「能力評価」を2本柱とした制度です。
2評価項目、評価指標、配分点数などの評価基準をあらかじめ明らかにしています。
3個人目標の設定やその達成に向けては、上司が責任を持ってサポートします。
4評価にあたっては、自己申告、上司との面談を実施するとともに、結果についても本人に開示します。
5評価結果をフィードバックすることにより、職員の能力開発、人材育成に役立てます。
6評価結果を昇任や給与などに反映させます。

人材育成

「安曇野市人材育成基本方針」に掲げられた目指すべき職員像にあった職員の育成を目指して、職員一人ひとりの資質向上を目的に安曇野市職員研修実施計画を毎年度策定し職員研修を効果的に実施しています。

健康管理・福利厚生

健康管理

定期健康診断などの各種健診制度、定期的なカウンセリングルームの実施

結婚・出産・傷病等

各種手当金、給付金、療養費等

資金の貸付

土地・住宅の購入、災害等

サークル活動

バレーボール、バスケットボール、スキー、野球、ソフトボール、サッカー等

女性活躍推進法に基づく安曇野市特定事業主行動計画

 職場としての安曇野市で、女性が職業生活の中で活躍できることを目標に、数値目標を定めて各種施策を定めました。計画期間は、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間としています。

 安曇野市女性活躍推進法に基づく特定事業主行動計画は、下記のファイルからご覧になれます。
 

女性活躍推進法に基づく安曇野市特定事業主行動計画 [PDFファイル/364KB]

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)