ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野高橋節郎記念美術館 > 旧高橋家住宅主屋・南の蔵について

旧高橋家住宅主屋・南の蔵について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

旧高橋家住宅 (国登録有形文化財)

旧高橋家住宅は高橋節郎の生家で、安曇野の昔ながらの暮らしを今に伝える文化財として、国の有形文化財に登録されています。主屋・南の蔵・西の蔵・北の蔵から構成されており、その庭園は四季折々に美しく色付きます。

旧高橋家住宅主屋

旧高橋家住宅主屋の秋の様子の写真主屋の展示の様子

旧高橋家主屋は、美術館開館時に江戸時代の形に復元しており、内部は展示やイベントに使用できるよう改装してあります。

座敷部分


講演会、大規模な講習会などにご利用いただけます。また、展示空間としても貸出をおこないます。

漆パネル講座の様子

土間部分

講習会等にご利用いただけます。

講演会の様子

旧高橋家住宅 南の蔵

金で飾るそば猪口講座の様子南の蔵の外観写真

2階構造の建造物で、展示・講習会などにご利用いただけるよう改装してあります。

講習会等の場合は、7から8名が適正な人数となるスペースです。

南の蔵展示の様子

小規模な展示にご利用いただけます。

発表の場、交流の場をお探しのみなさまへ

安曇野高橋節郎記念美術館では、施設の一部を貸出しいたします。

→くわしくはこちら