ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高橋節郎年譜1

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新
年代年齢出来事
1914年(大正3)0歳9月14日、父太一・母梅見の三男として長野県南安曇郡北穂高村(現安曇野市)に生まれる。
1921年(大正10)7歳北穂高村尋常小学校に入学。
1923年(大正12)9歳長野師範学校附属小学校に転校。ホープラージ牧師館に居住。
1924年(大正13)10歳松本尋常高等小学校旭町部に転校。
1927年(昭和2)13歳松本尋常高等小学校旭町部卒業、松本中学校(現松本深志高校)に入学。
松本中学時代 美術教師、宮坂勝と出会う。おおらかで温かい人柄と教育方針に、描くことの喜びを覚える。
陸上競技部「天馬会」では競技に熱中、インターミドルにも出場した。また、父の近衛連隊時代の友人、結城素明の写生旅行(中房温泉)にも同行し、絶えずスケッチする姿に影響を受ける。
1932年(昭和7)18歳松本中学校を卒業。
1933年(昭和8)19歳東京美術学校(現東京芸術大学)に入学。  
美術学校時代 二科会研究所に通い、熊谷守一、有馬生馬、石井伯亭等に、デッサンや油絵を学ぶ。また、古賀春江のシュールレアリスムの作品に大きな影響を受け、古賀氏宅を訪ねたりもした。美校「上野の杜ラグビー部」では、スリーコーターウイングとして活躍。
1938年(昭和13)、東京美術学校工芸科漆工部を卒業、卒業制作に衣装箱を提出。銀時計を受ける
同校研究科に進む。
同年4月、金子徳次郎、黒瀬英雄、小杉二郎と「型會」を結成、銀座資生堂ギャラリーで「型會第一回発表」展開催。
また同年11月、草月流勅使河原蒼風家元と監事諸氏のいけばなによる、「高橋節郎創作漆芸花器第一回発表展」開催。
1939年(昭和14)には、第4回実在工芸美術展で実在工芸奨励賞を受賞。
1940年(昭和15)26歳

東京美術学校研究科を修了。
紀元二六○○年奉祝展に《ひなげしの図小屏風》(漆屏風)を出品、初入選。

作品「ひなげしの図小屏風」画像「ひなげしの図小屏風」

1941年(昭和16)27歳第4回新文展に《木瓜の図二曲屏風》(漆屏風)を出品、特選・政府買上げ。
1942年(昭和17)28歳

第5回新文展に《漆朝夕衝立》(漆衝立)を出品、入選。

作品「漆朝夕衝立」の画像「漆朝夕衝立」

1943年(昭和18)29歳第6回新文展に《秋の色種漆棚》(漆棚)を出品、入選。
1944年(昭和19)30歳戦時特別展に《紅梅白梅漆手筥》(漆手筥)を出品、入選。
1946年(昭和21)32歳戦後、第1回日展に《菊籬蒔絵文庫》(漆文庫)を出品、入選。
第2回日展に《竹林蒔絵手筥》(漆手筥)を出品、入選。
1947年(昭和22)33歳第3回日展に《花の手筥》(漆手筥)を出品、入選。
1949年(昭和24)35歳第5回日展に《花の星座壁面装飾》(漆パネル)を出品、入選。
株式会社マルニ工芸漆器製作所にて、輸出向けおよび駐留軍向けの金胎漆器のデザインを担当。
1951年(昭和26)37歳第7回日展に《星座》(漆パネル)を出品、特選、朝倉賞を受賞。
1952年(昭和27)38歳染川鉄之助、佐治賢使、蓮田修吾郎等と「創作工芸協会」を設立、同人になる。
資生堂ギャラリーで第1回創作工芸展を開催、《盛器》(盛器)《花器A》《花器B》《花器C》《花器D》《花器E》(花器)を出品
(第2回展より銀座和光で開催)。
第8回日展に漆パネル《街と花火》を無鑑査出品。
株式会社日本ドラム缶製作所デザイン部にて、ラッキープレートなどクラフト作品のヒット商品を生む。
1953年(昭和28)39歳第9回日展に《森》(漆屏風)を出品、審査員。
1954年(昭和29)40歳第10回日展に《踊り》(漆額)を出品。
「高橋節郎漆絵展」開催(松本開運堂画廊)。
1955年(昭和30)41歳

第1回個展開催(日本橋三越)。
第11回日展に《都会の歌》(漆屏風)を出品。

作品「都会の歌」の画像「都会の歌」

1956年(昭和31)42歳日ソ招待展に《竹林蒔絵手筥》(漆手筥)を出品、ソビエト政府買上げ。
第12回日展に《都会にだってみのりはある》(漆屏風)を出品、川合玉堂資金により買上げ。
1957年(昭和32)43歳第2回個展開催(日本橋三越)。
第13回日展に《遙かなる郷愁》(漆パネル)を出品。
1958年(昭和33)44歳社団法人日展評議員になる。
第1回新日展に《作品58》(漆サイドボード)を出品、審査員
1959年(昭和34)45歳第2回新日展に《杉の木の寓話》(漆屏風)を出品。
「第2回高橋節郎スグラフィード漆絵展」開催(日本橋三越)。
1960年(昭和35)46歳第3回新日展に《蜃気楼》(漆屏風)を出品、文部大臣賞を受賞。
「創作工芸協会」から発展した工芸「円心」を蓮田修吾郎、帖佐美行、佐治賢使、辻光典、佐野猛夫、清水九兵衛らと設立、同人になり、第1回展開催(日本橋高島屋)。
1961年(昭和36)47歳第4回新日展に《蜃気楼「空中都市」》(漆屏風)を出品、審査員。
「円心」第2回展開催。
社団法人現代工芸美術家協会を結成。
1962年(昭和37)48歳「高橋節郎展」開催(日本橋画廊・東京)。漆の特質を生かした独創の漆絵版画(モノタイプ)、《断層》(A、B、C、D)、《流雲》(A、B、C)、《層土》(A、B、C、D)、《断雲》(A、B、C、D)、《層雲》(A、B、C、D)、《断壁》(A、B)を出品。
第5回新日展に《断層》(漆屏風)を出品。
第1回日本現代工芸美術展に《幻》(漆パネル)を出品。
「円心」第3回展開催、《静物》(漆パネル)を出品。
第1回和光展を開催。
1963年(昭和38)49歳

第6回新日展に《化石》(漆パネル)を出品、審査員。
第2回日本現代工芸美術展に《跡》(漆パネル)を出品。
第12回五都展に漆絵《静物》を出品。
「円心」第4回展に漆絵版画《触》(A、B、C)を出品。
第2回和光展に《街の見える静物》(漆パネル)《花の街》(漆パネル)を出品。

次→