ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月8日更新

 

美術館の入り口から見た風景。三本のケヤキの向こう側に北アルプスが見えます美術館の玄関にある欅(けやき)の間に見える有明山(信濃富士)、美術館から眺める雪化粧したアルプスも魅力的です。

 

 

 

 

 

 

 

中庭からは館内の水辺のギャラリーで行われた展示が見えます。冬期間、水辺のギャラリーでは、日展工芸美術長野県入選者展を開催しています。窓越しからも入選作品の存在感を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

旧髙橋家住宅主屋の雪景色。茅葺屋根に雪が積もり白と黒の世界になります。雪の主屋(おもや)も趣があります。

 

 

 

 

 

 

 

美術館の中から見た中庭の雪風景。雪の中庭はモノトーンの世界です。

 

 

 

 

 

 

 

   夏へ   秋へ   


お問合せ 安曇野高橋節郎記念美術館  Tel 0263-81-3030