ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光 > 安曇野を楽しもう > 美術館・博物館 > 安曇野高橋節郎記念美術館 > 企画展 「高橋節郎の軌跡 -飽くなき探求-」 開催

企画展 「高橋節郎の軌跡 -飽くなき探求-」 開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月5日更新

会期 9月6日(火曜日)から11月13日(日曜日)

高橋節郎は、漆という日本古来より伝わる素材・技法を用いながら、常に自由で新しい発想を作品で表現し続けた芸術家でした。戦後、キュビスムやシュルレアリスムといった西洋の美術様式を取り入れながら、大型の漆屏風や平面パネルに漆黒と黄金で描く独自のスタイル、鎗金(そうきん)技法を確立しました。しかし、高橋節郎の止むことのない漆への探究心は平面だけにとどまらず、70歳代後半からは多様な形態をした立体作品を発表しました。
本展では、高橋節郎作品の晩期のスタイルに着目し、1990年から2000年頃の乾漆立体作品を中心に紹介します。平面から立体へと飛び出してきた高橋作品を是非ご堪能ください。

独特の形の立体作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高橋節郎
左上:《樹魂》1998年
右上:《赤い化石》 1997年 豊田市美術館蔵
下:《森魂》 1997年 豊田市美術館蔵

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)・祝日の翌日 ※11月4日(金曜日)は開館します。

開館時間

 午前9時から午後5時まで
 ※9月18日(日曜日)の午後5時から9時のみ、入館無料で夜間延長開館
   10月8日(土曜日)・9日(日曜日)・10(月・祝)は1日無料開館

観覧料

一般400円(350円)  高校生・大学生300円(250円) ( )内は団体20名以上
中学生以下、70歳以上の安曇野市民、障がい者及びその介助者1名 無料

主催

安曇野高橋節郎記念美術館、安曇野市教育委員会