ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長定例記者会見 平成27年12月25日

市長定例記者会見 平成27年12月25日

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新
  • 平成27年12月25日(金曜日) 午後3時30分から
  • 市役所 共用会議室306

項目

1 返戻された通知カード受取のための時間外窓口の開設について

2 その他(各課からのお知らせ)

(1)新年祝賀会の開催について

会見内容

 皆さん、こんにちは。
 マスコミ関係の皆さま方は、1年間、それぞれのお立場で市政発展のためにご協力を賜ってまいりました。改めて感謝を申し上げます。
 本年を振り返ってみますと、1月の雪降りの日に本庁舎の竣工式を迎えまして、5月7日には、10年かかったわけですが、9箇所に分散をしていたそれぞれの支所機能を、一箇所に集約することができました。いよいよこれから、しっかりと新本庁舎に魂を入れ、市民の皆さんの負託に応えていかなければいけない。10周年を記念しての記念行事が目白押しであったわけですが、12月定例議会において、それぞれお話をさせていただきました。大きなものとしては、5,000人規模の第1回信州安曇野ハーフマラソンによって、市の一体感づくりと全国に安曇野を発信していきたいという思いで取り組ませていただき、大成功で終わることができました。第2回は来年の6月12日ということで一週間ずれました。これは既にご報告申し上げてございますように全国植樹祭と重なったためというようなことがございまして、1週間ずらさせていただきました。

 ぜひ、こちらの方も皆さん方からお力をいただきたいと思いますし、また、全国名水サミットをはじめ、市民まつり、SAKURAプロジェクトによる植樹祭など、いろいろな事業を通じて安曇野が合併して良かったと思われるまちづくり、そし持続可能な住みやすいまちづくりに向けて、これからも意を注いでまいらなければならないと決意をあらたにしているところでございます。

 いずれにいたしましても、合併算定替えの時期を迎えて財政は決して潤沢ではございませんし、人口減少・少子高齢化次代を迎えて厳しくなると予測がされます。事務事業を徹底的に洗い直しながら職員の意識の向上とコスト意識を持った仕事、そして前例先例にとらわれることなく、新たな発想のもとで市政に取り組んでいただきたいというように考えております。
 着座にて失礼をいたします。

1 返戻された通知カード受取のための時間外窓口の開設について

 全国でいろいろと課題が出ております個人番号制度について、報告をさせていただきます。10月から施行されたわけでございますが、個人番号をお知らせする「通知カード」を各世帯に転送させていただき、簡易書留で住民票の住所にお送りしているわけですが、不在等により受け取る事ができなかった通知が、市に返戻されてきております。

 返戻された通知は約2,300通ありまして、全世帯の6%になっております。12月中旬までに開設しました、6日間の時間外窓口等を利用した皆さんは57%、約1,300通は既に交付済みということでございまして、現在、市で保管している数は約980通ということになりました。大事な通知ですので、残りの約980通の受け取りについて、通常業務時間に受け取りに来庁することが出来ない市民の皆さま方に対して年末の対応としまして、27日 日曜日の休日窓口に加え、28日の月曜日及び29日の火曜日に時間外窓口を開設いたします。

 時間は27日が休日開庁のため午前8時半から正午までということになりますが、28日は通常業務日ということで午後8時まで窓口を延長させていただきます。29日は年末年始の閉庁日ということになりますので、午前8時半から正午まで窓口の開設をいたします。したがいまして、本庁舎1階の市民課2番窓口で行いますので、まだ980通の皆さん方にぜひ受け取りに来ていただきたいと思います。27日は休日開庁ということになりますので、通知カードの受け取り以外にも、通常業務の一部について業務を実施しております。
  「通知カード」の受け取りをお願いしたいということで、マスコミの皆さん方にもご協力を賜ればと思っております。
 個人番号の通知カードの問題については以上でございます。

2 その他(各課からのお知らせ)

(1) 新年祝賀会の開催について
 本年、市制施行10周年の節目を迎えたということで、本庁舎の開庁、それから10周年記念事業それぞれを通じて市の一体感の醸成はもとより、全国へ安曇野を発信することができた1年ではないかと思います。
 さらに新年度においては、一体感はもとより、まち・ひと・しごと創生戦略に基づきながら人口減少をいかに食い止め、活力ある持続可能な自治体を作り上げていくかが大きな課題でございますので、第二ステージに向けて、市民の皆さまと力をあわせてまいりたいというように思っております。

 今までも就任以来、実施をしてまいりました新年祝賀会を1月4日の月曜日、午後3時半、これは松本・塩尻も当日ということですが、私どもも3時半から例年どおり安曇野スイス村サンモリッツの大ホールにおいて、市民のそれぞれのご参加をいただき、新年祝賀会を計画いたしました。会費は1,000円ということでございますが、事前申し込みは必要ございませんので、ぜひマスコミ関係の皆様方にもご参加をいただき、交流を深めていただければということで、大勢の皆さんの参加をお待ち申し上げておりますのでお願いをいたします。

 私の方から以上ですが、お手許に配布をさせていただいてございます本年度の各部局における重大ニュースということで、それぞれの部が取組んできた主な出来事、内容等についてトピックスとしてまとめさせていただいたところでございますので、ご覧をいただいて、いろいろなご意見を賜ればというように考えています。
 私の方から以上でございます。