ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長定例記者会見 平成28年8月26日

市長定例記者会見 平成28年8月26日

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月1日更新
  • 平成28年8月26日(金曜日) 午後2時00分から
  • 新本庁舎 共用会議室306

項目

(1)平成27年度決算状況および健全化判断比率について

(2)平成28年度安曇野市一般会計補正予算(第2号)について

(3)その他(各課からのお知らせ)

  1.安曇野市総合防災訓練の実施について

  2.第8回安曇野市図書館フェスタの開催について

会見内容

 皆さん、こんにちは。
 8月も下旬ということで、だいぶ朝晩の涼しさも増してまいりました。
 マスコミの関係者の皆さま方には、日ごろ市政発展のためにご支援を賜っておりますことに、改めて感謝と御礼を申し上げます。

 それでは、着座にて失礼させていただきます。

1.平成27年度決算状況および健全化判断比率について

 初めに、平成27年度の市の決算状況について申し上げさせていただきます。
 なお、決算額につきましては、万円未満を切り捨てて申し上げますので、ご承知おきください。一般会計の歳入決算額は420億7,516万円でございまして、前年比3.5パーセントの減少、また、歳出決算額につきましては412億8,637万円で、前年比2.6パーセント減少しました。形式の収支額は、7億8,879万円であり、実質収支額につきましては、6億7,639万円となりました。

 決算概要につきましては、地方財政状況調査に基づきまして申し上げさせていただきます。歳入の27.8パーセントを占めます市税の関係でありますが、決算額は117億1,286万円でありまして、前年比で3パーセントの減少をみたところであります。続きまして地方交付税は113億6,002万円、前年比で1.6パーセントの増加でありました。

 市債につきましては、歳入決算の10.8パーセントを占めますが、45億2,090万円を発行しまして、前年比は43.7パーセント減であります。 内訳としては、約23億円が合併特例債で、穂高・三郷・堀金各支所等の整備財源に活用いたしました。
 なお、臨時財政対策債でございますが、発行可能額を1億8千万円ほど下回る16億円にとどめ、発行残高の抑制に努めました。
 普通会計の平成27年度の市債残高は、420億8,082万円となりました。

 歳出決算でありますが、款別では民生費、福祉関係の決算額が一番多く、全体の28.8パーセント、118億8,269万円を占めております。2番目が、総務費で15.9パーセント、65億4,666万円の決算額となりました。性質別で見てみますと、本庁舎の建設事業、穂高会館の大規模改造などの事業完了によりまして、投資的経費は、前年比26パーセント減少し、69億3,718万円となりました。

 続きまして平成27年度 決算に基づく安曇野市健全化判断比率につきましては、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」第3条第1項の規定によりまして、監査委員の意見を付して議会へ報告し、公表するものであります。

 市の各比率の状況でありますが、全会計黒字決算でありましたので、「実質赤字比率」と「連結実質赤字比率」は算定されません。また、実質公債費比率については10.5パーセントで、0.2パーセントの改善がなされました。将来負担比率は22.5パーセントで、2.5パーセント上昇したという結果であります。
 以上、平成27年度決算状況及び財政健全化判断比率についてです。

 健全化比率につきましては、安曇野市の将来を見据えた指針として捉え、健全な財政運営に努めてまいりたいというように考えております。

 説明の詳しい内容につきましては、お配りさせていただきました「平成27年度決算概要」「平成27年度決算に基づく健全化判断比率について」をご覧いただきたいと思います。

2.平成28年安曇野市一般会計補正予算(第2号)について

 平成28年度一般会計補正予算(第2号)の概要についてであります。
 今回の補正予算は、4億円を増額し、補正後の予算額を432億1千万円とし、28年度予算の執行段階において、必要となった補正を行うものでございます。

 主な内容は、歳出補正については、「安曇野市入学準備金貸付制度」の創設にあたり、原資として1億円を確保するため、基金積み立てを行います。入学準備金貸付金としては、高校・大学への進学者のうち、190名からの申請を見込み、6,100万円を予算計上いたしました。

 予防接種事業については、法律改正によりB型肝炎ワクチンの定期接種を行うことになりました。1歳児までの定期接種、延べ1,350人分とあわせ、2歳児までの任意接種、延べ1,200人分の委託料1,242万円の増額補正であります。
 また、豊科支所跡地整備事業とファインビュー室山の大浴場改修事業は、工事期間が29年度にまたがることとなったため、本年度予算の減額と、債務負担行為を設定いたします。それぞれ5,780万円と6,870万円の減額となります。

 一方、歳入補正につきましては、27年度決算に伴う繰越金、国県支出金等の補正を行うほか、基金繰入金の減額補正を行ないます。

 説明は以上でありますが、内容も含めましての詳細は、「平成28年度 一般会計補正予算(第2号)の概要」をご確認いただきたいと思います。

3.その他(各課からのお知らせ)

(1)安曇野市総合防災訓練の実施について

 平成28年度安曇野市総合防災訓練を、9月4日(日曜日)に実施いたします。

 先ず「シェイクアウト訓練」を、午前7時から、デジタル同報系防災行政無線、安曇野市メール配信サービス及びあづみ野エフエムで地震発生を想定した訓練情報を市内全域に発信します。デジタル同報系防災行政無線の屋外スピーカーからはサイレンと、最大音量の放送を行います。市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 その後、訓練の主会場であります豊科県民運動広場において、自主防災組織による訓練を実施していただくほか、松本広域消防局、安曇野警察署、陸上自衛隊松本駐屯地第13普通科連隊等による各種訓練や、ドローンによる上空からの偵察、障害物除去訓練などが行われます。また、体験コーナーを設け、子供用消防服の試着、放水体験、特殊車両・各種パネル・防災グッズの展示等を行います。

 さらに、豊科交流学習センター「きぼう」では避難所開設運営訓練、市役所本庁舎では、公共土木施設の被害情報収集対応訓練を行うほか、医師会、歯科医師会、薬剤師会、柔道整復師会が、5地域の保健センターにおいて医療救護所を開設し、「災害時医療救護活動訓練」を行います。

 いつ起こるとも分からない地震などの災害から身を守るため、市民の皆様方からも、積極的にご参加を頂きますようお願いします。

(2)第8回安曇野市図書館フェスタの開催について

 第8回安曇野市図書館フェスタを9月10日(土曜日)と11日(日曜日)の2日間、穂高交流学習センター「みらい」で開催します。

 すでにマスコミの皆様へは、プレスリリースでご案内させていただいておりますが、図書館フェスタは、日頃より図書館を利用されている方はもちろん、今まで図書館を利用したことがない方にも、ぜひ図書館を知っていただき、図書館をPRすることを目的に毎年開催しております。

 今年の図書館フェスタは、穂高地域出身で大活躍されている絵本作家「丸山綾子(まるやまあやこ)」さんを講師にお招きし、絵本作家になったきっかけや安曇野への思いなどを語っていただきます。丸山さん自ら代表作の読み聞かせや絵本のラフ画を紹介していただきます。
 また、松本山雅との連携事業として、元松本山雅の選手で現在、松本山雅アンバサダーの柿本倫明(かきもとみちあき)さんと一緒に、リズム体操やストレッチ体操を行う「健康講座」も開催します。

 この他、市の特産の「天蚕」を使い、キーホルダーやコースターを作る「ワークショップ」や、毎年、大好評でリサイクル本を無償で提供する「図書リサイクルコーナー」など、子どもも大人も楽しめるプログラムを多数ご用意しておりますので、大勢の皆様のご来館をお待ちしております。

(3)明科南陸郷の廃棄物処理施設の建物収去・土地明渡し請求調停事件に係る報告について

 株式会社湯浅産業に係る建物収去・土地明け渡し請求調停事件につきまして、南陸郷地区の廃棄物処理施設の悪臭対策は、市長就任後、地元から強い要望があり、明科町時代からの懸案事項でありました。平成25年7月1日に成立しました調停条項の履行ということで、取り組んでまいりましたが、このたびすべて解決をいたしまして、この8月31日に地権者への土地明渡しを完了する運びとなりました。

 関係者の皆様のご理解とご協力に改めて感謝を申し上げます。

 

本日、ご用意しました内容は以上であります。