ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長定例記者会見 平成29年7月25日

市長定例記者会見 平成29年7月25日

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月25日更新
  • 平成29年7月25日(火曜日) 午前10時00分から
  • 本庁舎 共用会議室306

項目

(1)夏のイベントについて

(2)その他

会見内容

 こんにちは。 

 マスコミの関係者の皆さま方には、日ごろ市政発展のためにご尽力を賜っておりますことに、改めて感謝と御礼を申し上げます。猛暑日が続きます。ぜひ、それぞれ健康には留意のうえ、ご活躍をいただきたいと思います。

 それでは着座にて失礼をさせていただきます。

1.夏のイベントついて

 夏の風物詩となりました【安曇野花火】をはじめ安曇野の夏を彩る様々なイベントが、関係者の皆様のご尽力により開催されます。

 7月29日(土曜日)は、豊科地域において【第38回あづみ野祭り】が開催されます。地区公民館や企業の皆さんを中心に44連、約3,200人の踊り連が、国道147号を「あづみ野ばやし踊り」で盛り上げます。

 8月5日(土曜日)、6日(日曜日)の2日間、【第34回信州安曇野わさび祭り】を開催します。5日(土曜日)開催の納涼祭は、地元の皆さんを中心に30連、約2,000人の「納涼踊り」が行われます。6日(日曜日)開催の「YOSAKOI安曇野」 は、県内外から25チーム約1000人が参加し、エネルギッシュな踊りが繰り広げられます。
 わさび祭りはこれまで、穂高神社の周辺と穂高駅前通りを会場に開催してきましたが、真夏の炎天下での熱中症対策のため、今年から会場を「穂高会館周辺」に変更し、涼しい休憩場所を確保することにいたしました。

 5日(土曜日)には、三郷地域において【第32回ふるさと夏祭り】が開催されます。お盆で帰省する皆さんが、地域住民のふれあいと意識の高揚を図るために開催します。

 14日(月曜日)は【第11回安曇野花火】が開催されます。県内外から大勢の見物客が訪れ、夏の安曇野を代表するイベントとして定着してきました。恒例の音楽花火も充実し、約12,000発の花火が夏の夜空を彩ります。

 教育委員会教育部文化課から「信州安曇野能楽鑑賞会」についてご案内します。
 「第27回信州安曇野能楽鑑賞会」を、8月19日(土曜日)、午後2時から、豊科公民館大ホールにおいて開催いたします。
 安曇野市出身の能楽師で当市の名誉市民である、故青木祥二郎先生のご子息、青木道喜先生をはじめ、人間国宝の野村萬先生ら、当代一流の出演者をお迎えして上演します。
 本年は、これまで開催してきた明科龍門淵公園が明科南認定こども園の工事準備のため、昨年に続き豊科公民館大ホールで開催いたします。能の舞を心ゆくまでお楽しみいただければと思います。

 

私のほうからは以上でございます