ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長定例記者会見 平成29年12月28日

市長定例記者会見 平成29年12月28日

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月28日更新
  • 平成29年12月28日(木曜日) 午前10時40分から
  • 本庁舎 共用会議室307

項目

(1)安曇野市功労表彰式並びに新年祝賀会の開催について
(2)安曇野市部局等の重大ニュースについて
(3)水道料金統一化の検討について

会見内容

 あと数日で本年も終わり、新しい年を迎えるわけでございますが、今年最後の定例記者会見を開かせていただきます。マスコミ関係の皆様方には、日ごろ色々な面で市の発展のためにご提言、ご協力を賜っております。改めて感謝と御礼を申し上げたいと思います。

資料

市長定例記者会見資料 [PDFファイル/8.05MB]

1.安曇野市功労表彰式並びに新年祝賀会の開催について

 市では、新たな年を迎えるにあたり、市民の皆様とともに、安曇野市の更なる飛躍・発展を願い「新年祝賀会」を開催いたします。

日時:1月4日(木曜日) 午後3時30分から
場所:安曇野スイス村サンモリッツ 大ホール
会 費:1,000円
事前の申し込みは必要ありません。

 マスコミの皆さんにも是非ご参加をいただきますとともに、併せて広報をお願いいたします。大勢の皆さんのご参加をお待ちしております。また、同日の午後2時30分から、サンモリッツ中ホールにて平成29年度安曇野市功労表彰式を挙行いたします。

2.平成29年安曇野市部局等の重大ニュースについて

 それから、本年1年を振り返ってお手許に配布をさせていただいてございます各部局における重大ニュースということで、それぞれの部が取り組んできた主な出来事、内容等について12月25日現在のトピックスとしてまとめさせていただいたところでございますので、ご覧をいただいて、いろいろなご意見を賜ればというように考えています。

3.水道料金統一化の検討について

  この件につきましては、すでに報道をされておりますが、市の水道事業は、合併後も旧町村ごとの認可計画により運営してきましたが、平成29年3月に事業統合し、「安曇野市水道事業」として認可を受けたところです。これにより、経営基盤の強化や水道水の安定供給が可能になりましたが、大きく次の3つの課題があります。

 1点目は、料金収入の減少です。

 市の人口が減少することで水の需要も減少し、水道料金が減少していくことから水道事業の経営に影響が出るものです。

 2点目は、施設の多額の更新費用です。

 今後予想される地震などの災害に対応するため、水道施設の耐震化などの整備を行う必要があり、多額の経費が見込まれます。

 3点目は、水道料金の統一についてです。

 旧5町村の事業認可で運営、経理されていたこともあり、基本料金の統一のみで超過料金は統一されておらず、各地域で料金の違いがあります。負担の公平性を図りながら、市民の皆様から理解が得られる適正な水道料金体系を設定していく必要があります。

 先日(12月22日(金曜日)、安曇野市上下水道事業経営審議会に水道料金に関する意見を求めるため、「安曇野市水道事業における適正料金の在り方とその適用時期について」諮問をし、来年中には答申をいただくようお願いしています。審議会の結果を待って、最終的な判断をしていきたいと思っています。

 

私のほうからは以上でございます。

このページを見ている人はこんなページも見ています


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)