ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 上下水道 > 上下水道 各種料金 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う経済支援策として水道料金の基本料金を減額(減免)します
感染発生状況

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う経済支援策として水道料金の基本料金を減額(減免)します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月24日更新

 市では、新型コロナウイルス感染症の影響により、人や物の動きが停滞し事業活動を縮小・休業せざるを得ない事業者、離職や収入の減少等による生活に不安を感じている市民・事業者に対し、経済支援策として水道料金の基本料金を減額(減免)します。

支援内容

 水道料金(基本料金+従量料金)のうち、下記対象期間における基本料金を全額免除(1期2か月分)します。

口径基本料金口径基本料金口径基本料金

 1期2か月分の口径別基本料金

13mm2,872円30mm8,944円75mm41,638円
20mm4,972円40mm12,304円100mm73,070円
25mm6,846円50mm20,676円150mm146,402円

減額例

 基本料金従量料金水道料金

 例1:口径13mmで1期2か月40立方メートルを使用した場合

減額前2,872円3,824円6,696円
減額後0円3,824円3,824円
 基本料金従量料金水道料金

 例2:口径20mmで1期2か月60立方メートルを使用した場合

減額前4,972円7,384円12,356円
減額後0円7,384円7,384円

対象者

 すべての給水契約者(一般家庭及び事業者等)に対して減額(減免)します。

 なお、免除手続きは不要です。

対象地域対象請求分使用期間

対象期間

豊科・堀金・明科令和2年7月請求分令和2年4月検針から6月検針までの使用分
穂高・三郷令和2年8月請求分令和2年5月検針から7月検針までの使用分

このページを見ている人はこんなページも見ています