ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 災害・防災 > 防災 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 感染症対策を取り入れた避難行動を家族で話し合いましょう!
感染発生状況

感染症対策を取り入れた避難行動を家族で話し合いましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月22日更新

 大雨や台風の接近など、洪水・土砂災害発生の危険度が高まる場合、市は自主避難の呼び掛けや、避難勧告などの避難情報を発令しますが、いざ避難となった時に感染症などの感染が心配される中では、今までどおり避難できない場合があります。
 そこで、感染症対策の視点を取り入れた避難について知っておいてほしいことをまとめましたので、下記の3つをチェックしてみてください。

家族で避難行動をチェック!

【避難行動チェック表】

(1)自宅と周辺の災害リスクは?安曇野市防災マップを確認したら、自宅や周辺地域が浸水想定区域や土砂災害警戒区域に該当している。

【該当する場合】

自宅以外の避難が必要です。

【該当しない場合】

在宅避難が可能です

(1)で「該当する」場合

(2)避難する場所は?

避難所は不特定多数の人が避難してくるため、感染の危険度が高まります。また、自宅で過ごす場合と勝手が違うため、ストレスが溜まり体調を崩すこともあります。
 まずは、避難所以外の場所に避難することを考え、次に避難所への避難を考えましょう。

【避難所以外へ避難する家族はどこへ避難しますか。】

・安全な親戚、友人宅へ避難する

・ホテルなどの宿泊施設へ避難する

・車で安全な場所へ避難する

 

【避難所へ避難】

・開設される避難所へ避難する

【避難行動が遅れた時の避難(非常事態)】

近所の3階以上の丈夫な建物へ避難するか、自宅で垂直避難(1階より上の階)する

 

(3)避難行動を始める「タイミング」を決める

あらかじめ、どのタイミングで行動を始めるか決めておきましょう。例えば「気象庁から警報が発表されたら準備を始め、土砂災害警戒情報発表で避難する」などを決めておくことで、安全な避難行動に繋げることができます。
※非常持ち出し袋のほか、毛布、マスク、体温計、消毒液などを携行してください。

家族で準備を始めるタイミングは?

家族で避難するタイミングは?

参考にご覧ください

 気象庁では、基本的な知識ととるべき避難行動を学んでいただけるよう、インターネットを用いた学習教材を気象庁ホームページに公開しました。詳しくは、リンクをご覧ください。

 気象庁ホームページ e-ラーニングで楽しく学ぶ「自らの命を自らが守る」<外部リンク>

避難所の対応

避難所で受付

 1 受付前に、手の消毒やマスクを着用します。

 2 受付時に、氏名や連絡先などの他に、検温や健康状態の確認を行います。

 3 受付後に、健康な人、熱や咳があるなど体調不良の人、避難行動要支援者などに分けて避難するスペースを配分します。避難所では、家族単位を基本とします。

避難所内での生活

 1 人と人、家族間の距離をとる
  ・避難所内では、各人の距離を2m以上あけ背中合わせで座る。
  ・パーテーションがあれば、使用する。
  ・通路を設ける場合は2m幅にする。

 2 避難中の感染予防対策
  ・手洗いやアルコール消毒をこまめに行い、咳エチケットを確実に行う
  ・定期的に検温や健康状態を確認する。
  ・定期的に窓を開けるなどして換気を行う。
  ・手すり、ドアノブ、スイッチ類等のこまめな消毒を行い、衛生環境を確保する。

 3 体調の変化や具合が悪い場合
   速やかに自分で、または家族、周囲の人を通じて避難所職員等に報告し、指示に従う。

このページを見ている人はこんなページも見ています