ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 定住促進 > 安曇野に住もう > 安曇野に住もう > 安曇野市へ移住を希望される方からのよくあるご質問

安曇野市へ移住を希望される方からのよくあるご質問

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月24日更新

自然関係

Q 冬は雪がたくさん積もるのですか。

雪の写真

A
年によっても違いますが、多い時で年に2、3度、20から40センチ程度の積雪がある場合があります。車にはスタッドレスタイヤが必要ですが、10cm以上の降雪があると幹線道路は通勤・通学時間に間に合うように除雪体制を整えていますので、山間地でなければ4WD車でなくても大丈夫です。ただし、除雪作業によって玄関先などに寄せられた雪の処理はご協力をお願いします。

Q 冬の寒さはとても厳しいのですか。

A
年によって異なりますが、12月から2月にかけ最低気温がマイナス10度を下回る日があります。屋内の暖房設備はもちろん、水道には凍結防止帯が不可欠なので、安曇野市では夏場よりむしろ冬場のほうが光熱費がかかる場合があります。
夏は7月下旬から8月下旬にかけて昼間は30度位の暑さはありますが、朝晩はとても涼しいので過ごしやすいです。

月別平均気温と降水量のグラフ

Q 安曇野市では、今後大きな地震の心配はないのでしょうか。

レスキューの様子の写真

A 
政府の地震調査委員会が平成24年12月21日に発表した「全国時振動予測地図」によれば、安曇野市の市役所所在地において今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率は17.1パーセントと予測されています。ちなみに全国では静岡県が最も高く、89.7パーセントとなっています。
  安曇野市では、消防団活動をはじめ、自主防災組織の育成、防災広場や資機材の整備など、地震や風水害への備えに力を入れています。

Q 安曇野市の子育て支援について教えてください。

子供の写真

A
乳幼児から中学生までの医療費への助成制度があります。
  安曇野市では、保育園をはじめ老朽化した小・中学校の施設環境整備を最優先に進めています。現在、「ファミリーサポートセンター」に登録すれば外出のときなどに子どもの面倒を見てくれます。また、育児相談は市内5ヶ所にある保健センターでも受けることができますし、子どもや家庭、女性、母子家庭に関するさまざまな相談体制も整っています。安曇野市では、自然環境の良さだけでなく、地域とのつながりを大切にする風土がありますので、地域の方に見守られながら子どもを育てられる環境があります。
また、スポーツ少年団の活動も活発で、安曇野市に新しく住まわれた方でも、子どもを通じて親同士の交流の輪が広がり、すぐに地域に溶け込むことができます。

スポーツ種目
安曇野市スポーツ少年団種目

Q 医療体制は整っているのですか

病院の写真

A
市内には、病院5ヵ所、常時開設している診療所68か所、歯科診療所45か所あります。また、夜中に急に具合が悪くなって、かかりつけの医師が不在のときは、夜間急病センターで診療を受けることもできます。また、安曇野市には長野県で唯一の「県立こども病院(紹介外来制)」があり、高度な小児医療体制が確保されています。

Q 買い物などに不便はないのでしょうか。

お店の写真

A
市内には大型のショッピングセンターのほか、国道や大型農道沿いには家電用品、ホームセンター、レンタルビデオ、ドラッグストアー、書店などがあり、生活に必要なものはすべて揃っています。

Q 自家用車がないと不便なのでしょうか。

あづみんの写真

A
安曇野で暮らしていくためには、やはり自家用車があることに越したことはありません。
でも、安曇野市には「あづみん」という乗り合い型タクシーを市内全域に走らせています。「あづみん」は、原則として平日午前8時から午後5時まで8便運行していますので診療や買い物など生活するうえで不便はありません。「あづみん」は、年間で延9万人の方からご利用いただいています。

Q 家庭菜園ができる不動産物件を紹介してほしいのですが。

市民農園の写真

A
安曇野市では、現在のところ不動産物件の仲介事務は行っておりません。できるだけ早い時期に安曇野市に移住をお考えの方への不動産物件に関する相談窓口を設けたいと考えておりますので、相談窓口ができましたらホームページでご案内させていただきます。また、安曇野市では、野菜を自分で栽培し、とりたての美味しい野菜を食べていただくため、市民農園を開設しています。

Q 子どもがいるので安曇野市内に家を建てるか建売住宅を購入したいと考えています。何か補助制度はありませんか。

建築の写真

A
安曇野市では、若年層の市内への定住化に力を入れています。45歳以下の方が市内に戸建て住宅を建築する場合、もしくは建売住宅を購入する場合に、その費用の一部(上限額50万円)を助成する制度があります。

Q 移住したいが就職が心配です。

就職支援の様子

A
実際のところ、都市部のような職種や待遇は期待できず、求人数も限られているので、簡単に仕事は見つからないと思います。地方に住んで新たに仕事に就こうとするのであれば、まず、移住前に仕事を確保しておくことが望ましいです。具体的な仕事については、松本市内にあるハローワークにご相談いただくか、長野県や市などの就職相談窓口をご利用ください。