ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 臼井 文雄|安曇野ゆかりの先人たち

臼井 文雄|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

臼井 文雄

臼井 文雄写真

拡大表示

 うすい ふみお

 数々の農業関連の要職に就いた後、郡農協合併研究委員長を経て、あづみ農業協同組合初代理事長に就任し、合併後の運営に尽力して、組合の基盤づくりに大きく貢献する。

生年月日1899年(明治32)
没年月日1983年(昭和58)11月
関連地域堀金(田尻)
職業・肩書農業振興功労者
活躍年昭和時代
ゆかりの分野経済(産業)

経歴

 堀金田尻に臼井貞吉の長男として生れました。評論家臼井吉見の実兄に当ります。1917年(大正6)、松本歩兵50連隊に現役兵として入営し、翌年、シベリアに出征して、ウラジオストックやハバロフスク周辺に出動しました。除隊後は、耕地総代・軍人分会役員・蚕業団体役員等を務めました。1947年(昭和22)に、三田村農地委員・農業会理事に推され、翌1948年(昭和23)には三田村農業協同組合長に就任し、1966年(昭和41)まで勤めました。この間、三田村教育委員に選出された後、郡農協合併研究委員長に推され、各農協の取りまとめに当りました。そして、1966年(昭和41)、あづみ農業協同組合が発足し、同組合の初代理事長に就任し、合併後の運営に尽力して、あづみ農協の基盤づくりに大きく貢献しました。額に汗する精農家として生涯を貫きましたが、1983年(昭和58)に84歳で亡くなりました。県農協緑色功労賞を受賞しています。

略歴譜

1899年(明治32)0歳堀金田尻に臼井貞吉の長男として生れる。評論家臼井吉見の実兄に当る。
1917年(大正6) 松本歩兵50連隊に現役兵として入営する。
1918年(大正7) シベリアに出征して、ウラジオストックやハバロフスク周辺に出動する。
  除隊後は、耕地総代・軍人分会役員・蚕業団体役員等を務める。
1947年(昭和22) 三田村農地委員・農業会理事に推される。
1948年(昭和23) 三田村農業協同組合長に就任し、1966年(昭和41)まで勤める。
1953年(昭和28) 三田村教育委員に選出される。
1963年(昭和38) 郡農協合併研究委員長に推され、各農協の取りまとめに当る。
1966年(昭和41) あづみ農業協同組合が発足し、同組合の初代理事長に就任し、合併後の運営に尽力して同組合の基盤をつくる。
  精農家として生涯を貫く。一番の趣味は「大相撲」であった。
1983年(昭和58)11月84歳亡くなる。
  県農協緑色功労賞を受賞する。

参考文献

堀金村誌堀金村誌編纂委員会・堀金村公民館/編安曇野市立図書館