ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 下里 周川|安曇野ゆかりの先人たち

下里 周川|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

下里 周川

写真はありません

 しもさと しゅうせん

 画家。狩野派の門に入り、狩野晴川院法印から画法免許状と巻物を伝授される。

生年月日不詳
没年月日不詳
関連地域明科(下押野)
職業・肩書画家
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野文化(芸術)

経歴

 明科下押野に生れました。家は酒屋でした。絵画に秀で、江戸に出て狩野派の門に入り、上達し、周川と号しました。1845年(弘化2)6月、神田にいた狩野晴川院法印から、画法免許状と画法の巻物を伝授されました。江戸で亡くなりました。

略歴譜

生年不詳 明科下押野に生れる。
  酒屋を経営する。
  絵画に秀で、江戸に出て狩野派の門に入り、上達し、周川と号する。
1845年(弘化2)6月 神田にいた狩野晴川院法印から、画法免許状と画法の巻物を伝授される。
没年不詳 江戸で亡くなる。

参考文献

明科町史明科町史編纂会/編安曇野市立図書館