ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 関 長司|安曇野ゆかりの先人たち

関 長司|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

関 長司

写真はありません

 せき ちょうじ

 寺子屋師匠、明治になると学校世話係、副戸長を勤めた。

生年月日1819年(文政2)5月12日
没年月日1879年(明治12)7月9日
関連地域明科(中村)
職業・肩書寺子屋師匠
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野文化(教育)

経歴

 明科中村に生れました。農業に丹誠を込めました。また、寺子屋師匠として、読み書き・珠算を教えました。明治になると、学校世話係、副戸長を勤めました。
深く仏教を信じ、起居に必ず南無阿弥陀仏を唱えました。1879年(明治12)7月9日に亡くなり、1885年(明治18)12月には、門人が大己社前に筆塚を建てました。

略歴譜

1819年(文政2)5月12日0歳明科中村に生れる。
  農業に丹誠を込める。
  寺子屋師匠として、読み書き・珠算を教える。
明治初年 学校世話係、副戸長となる。
  深く仏教を信じ、起居に必ず南無阿弥陀仏を唱える。
1879年(明治12)7月9日60歳亡くなる。
1885年(明治18)12月 門人が大己社前に筆塚を建てる。

参考文献

明科町史明科町史編纂会/編安曇野市立図書館