ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 丸山 雲章|安曇野ゆかりの先人たち

丸山 雲章|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

丸山 雲章

丸山 雲章写真

 拡大表示

 まるやま うんしょう

 日本画家。こだわりのない雄大な構想を持つ作家として、画家を志す者に影響を与える。代表作として「雲龍之図」(満願寺襖絵)がある。

生年月日1849年(嘉永2)
没年月日1907年(明治40)
関連地域穂高(上原)
職業・肩書日本画家
活躍年明治時代
ゆかりの分野文化(芸術)

経歴

 穂高上原に生れ、本名は米太郎といいました。穂高神社の石造りの手水舎(てみずや)の天井画で知られました。墨絵を最も得意とし、襖絵や屏風、掛軸に健筆をふるい、こだわりのない雄大な構想を持つ作家として、画家を志す者に影響を与えました。
 弟子に、満願寺のまんだらを復元し、穂高神社の飾物制作者として知られた山田実がいます。
満願寺の襖絵の「雲龍之図」は、雄渾(ゆうこん)なタッチで、雲にのる龍を一気に描いた、気迫みなぎる代表的な作品です。
1907年(明治40)に、亡くなりました。

略歴譜

1849年(嘉永2)0歳穂高上原に生れる。本名は米太郎。
  穂高神社の石造りの手水舎の天井画で知られる。
  墨絵を最も得意とし、襖絵や屏風、掛軸に健筆をふるう。
  代表的な作品として「雲龍之図」(満願寺襖絵)がある。
  満願寺のまんだらを復元し、穂高神社の飾物制作者として知られた山田実が弟子となる。
1907年(明治40) 亡くなる。

参考文献

穂高町誌穂高町誌編纂委員会/編安曇野市立図書館
安曇野の美術丸山楽雲/編安曇野市立図書館