ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 丸山 久左衛門|安曇野ゆかりの先人たち

丸山 久左衛門|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

丸山 久左衛門

写真はありません

 まるやま きゅうざえもん

 重柳地区の犀川川除(かわよけ)工事の際に起きた紛争を仲裁し、見事に示談に導く。

生年月日1770年(明和7)
没年月日1841年(天保12)
関連地域豊科(重柳)
職業・肩書水防功労者
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野社会(社会事業)

経歴

 豊科重柳に生れました。屋号を「伊勢宮」といい、近くに「伊勢宮」が祀(まつ)られています。犀川から洪水が襲う重柳耕地の頭首部に当ることから、伊勢神道による水防の神、天照大神(内宮・太陽の力による防水神)が祀られています。1783年(天明3)5月・7月に、大洪水が重柳耕地を襲い、田畑の大半が流失して、両岸の築堤はほとんど破壊されました。その復旧工事には、両岸各村の利害得失がからむため、長年にわたって紛争と示談が繰り返されましたが、久左衛門65歳の時、犀川川除工事の紛争で、「立入り」といって仲裁役に入り、見事に示談に導きました。1841年(天保12)に、71歳で亡くなりました。後の1900年(明治33)に、県営事業で本格的な堤防工事ができ、以来、耕地化が進み、重光堰が灌漑(かんがい)しています。

略歴譜

1770年(明和7)0歳豊科重柳に生れる。屋号を「伊勢宮」という。
1783年(天明3)5月・7月 大洪水が重柳耕地を襲い、田畑の大半が流失して、両岸の築堤はほとんど破壊される。
 65歳犀川川除工事の紛争で、「立入り」といって仲裁役に入り、見事に示談に導く。
1841年(天保12)71歳亡くなる。
1900年(明治33) 県営事業で本格的な堤防工事ができ、以来、耕地化が進み、重光堰が灌漑している。

参考文献

豊科町誌豊科町誌編纂会/編安曇野市立図書館