ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 岩原 愛策|安曇野ゆかりの先人たち

岩原 愛策|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

岩原 愛策

岩原 愛策写真
拡大表示

 いわはら あいさく

 梓橋・田沢橋・郡内道路・拾ヶ堰の改修。烏川村長、県議。

生年月日1870年(明治3)
没年月日1923年(大正12)
関連地域堀金(上堀)
職業・肩書自治功労者
活躍年明治時代
ゆかりの分野政治(政治)

経歴

  堀金上堀の旧家「ならや」に生れました。1889年(明治22)に烏川役場書記に選任され、1895年(明治28)、烏川役場収入役に抜擢され2期7年間勤め、1902年(明治35)には烏川村長となりました。村長第2期8年間就任中に、堀金小学校本校舎を建築し、村の教育環境は面目を一新したほか、村基本財産の増成を意図して、岩原区の国有林36町歩の払い下げを受け、剰余金5千円を獲得しました。南安曇郡道路調査委員として、梓橋・田沢橋等の橋梁、郡内道路の改修に奔走し尽力しました。1915年(大正4)に県会議員に当選し、ただちに参事会員に推挙されました。また、県治水調査委員の時に拾ヶ堰の改修工事を行いました。このほか、飯田慶司と共に尽力して、南安曇農学校設置に成功しました。

略歴譜

1870年(明治3)0歳堀金上堀の旧家「ならや」に生れる。
1889年(明治22) 烏川役場書記に選任される。
1895年(明治28) 烏川役場収入役に抜擢され、2期7年間勤める。
1902年(明治35)32歳烏川村長となり、2期8年間勤める。
1905年(明治38) 村長第2期就任中に、堀金小学校本校舎を建築し、村の教育環境は面目を一新する。
  村基本財産の増成を意図して、岩原区の国有林36町歩の払い下げを受け、剰余金5千円を獲得し、感謝状と金盃が贈られる。
  南安曇郡道路調査委員として、梓橋・田沢橋等の橋梁、郡内道路の改修に奔走し尽力する。
1915年(大正4) 県会議員に当選し、ただちに参事会員に推挙される。
  県治水調査委員の時、堰管理者黒岩重義等と共に、拾ヶ堰改修の精密な調査を行って計画し、幾多の難関を乗り越え工事を行う。
1919年(大正8) 起工から3年で、この難事業は完成し、拾ヶ堰水利組合から感謝状と金盃が贈られる。
  飯田慶司と共に尽力して、南安曇農学校設置に成功する。
1923年(大正12)53歳上堀区平木の耕地整理に奔走中に病気となり、亡くなる。

参考文献

南安曇郡誌第三巻下南安曇郡誌改訂編纂会/編安曇野市立図書館
堀金村誌堀金村誌編纂委員会・堀金村公民館/編安曇野市立図書館