ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 岩渕 新六|安曇野ゆかりの先人たち

岩渕 新六|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

岩渕 新六

写真はありません
  いわぶち しんろく

  独学で漢学を修め、諸国を漫遊し、衆人に漢学を教授。生坂で寺子屋式の教授法による教育を施す。

生年月日1823年(文政6)
没年月日1905年(明治38)3月8日
関連地域明科(中川手)
職業・肩書教育者
活躍年明治時代
ゆかりの分野文化(教育)

経歴

  明科中川手に生れました。13歳頃に雲龍寺に弟子入りしましたが、15、16歳で寺を去り、独学で漢学を修めました。その後、諸方を漫遊し、衆人に漢学を教授しました。1887年(明治20)に授業生となり、生坂村北生野で寺子屋式の教授法による教育を施しました。性は磊落(らいらく)で無慾恬淡(むよくてんたん)、酒と詩を吟じ、小児を愛して、林和靖のような生活を送りました。1905年(明治38)3月8日に、亡くなりました。

略歴譜

1823年(文政6)0歳明科中川手に生れる。
 13歳頃雲龍寺に弟子入りする。15、16歳で寺を去る。
  独学で漢学を修める。
  諸方を漫遊し、衆人に漢学を教授する。
1887年(明治20) 授業生となり、生坂村北生野で寺子屋方式の教授法による教育を施す。
1905年(明治38)3月8日 亡くなる。