ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 吉水 林冏|安曇野ゆかりの先人たち

吉水 林冏|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

吉水 林冏

写真はありません
 よしみず りんけい

 明科の給然寺20世村上嶺海の弟子となり、21世住職を継ぎ、後に山形村見性寺に転じる。

生年月日1842年(天保13)
没年月日1924年(大正13)9月24日
関連地域明科(宮本)
職業・肩書住職
活躍年明治時代
ゆかりの分野文化(宗教)

経歴

  松本市和泉町の塚田氏の家に生れました。明科中川手宮本の給然寺20世村上嶺海の弟子となり、法灯を継ぎ、21世住職となりました。1889年(明治22)には、今までなかった本堂の建立に尽力し、五常村麻生より堂を譲り受け、移転して建てました。また、寺宝として残る「まんだら」の大きな掛軸も、江戸芝の大本山増上寺福田行誡上人より譲り受けました。
後に、師の後を継ぎ、山形村見性寺に転じて、1924年(大正13)に亡くなりました。

略歴譜

1842年(天保13)0歳松本市和泉町の塚田氏の家に生れる。 
  明科中川手宮本の給然寺20世村上嶺海の弟子となる。
  法灯を継ぎ、21世住職となる。
1889年(明治22) 今までなかった本堂の建立に尽力し、五常村麻生より堂を譲り受け、移転して建てる。
  寺宝として残る「まんだら」の大きな掛軸を、江戸芝の大本山増上寺福田行誡上人より譲り受ける。
  後に、師の後を継ぎ、山形村見性寺に転じる。
1924年(大正13)9月24日82歳亡くなる。