ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 宮下 琢磨|安曇野ゆかりの先人たち

宮下 琢磨|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

写真はありません

宮下 琢磨
みやした たくま

七貴小学校校長となり、郡・県視学を歴任する。また、片倉製紙の今井五介と信濃海外協会・海外協会中央会を設立し、尽力する。日本栄養協会で、栄養改善運動に従事する。

生年月日1878年(明治11)6月8日
没年月日1952年(昭和27)9月29日
関連地域明科(上押野)
職業・肩書教育功労者・実業家
活躍年大正時代
ゆかりの分野経済(産業)

 

経歴

明科上押野に生れました。長野師範学校を卒業し、七貴小学校訓導となり、1902年(明治35)には、七貴小学校校長となりました。在任中に、県下に先がけて七貴小学校校歌を作りました。1909年(明治42)に南佐久郡視学となり、小県郡視学・長野県視学を歴任した後、1914年(大正3)、宮城県視学に転任しました。
1917年(大正6)に片倉組よりのすすめにより、県視学を辞して田中製糸工場支配人を勤めました。1920年(大正9)には片倉製糸株式会社となり、本社の東京への移転に伴い、本社に転勤し、副社長今井五介の秘書となりました。今井と海外発展計画を推進し、1922年(大正11)に、県知事を会長とし、今井を顧問として、信濃海外協会を設立し幹事となりました。翌年、今井五介を会長として海外協会中央会を設立し、幹事となりました。1933年(昭和8)より、日本栄養協会で、専ら栄養改善運動に従事し、月刊誌「栄養の栞」を、1941年(昭和16)まで編集・発行しました。1944年(昭和19)、郷里に疎開し、1952年(昭和27)に74歳で亡くなりました。

略歴譜

1878年(明治11)6月8日0歳明科上押野に生れる。
  長野師範学校を卒業し、七貴小学校訓導となる。
1902年(明治35) 七貴小学校校長となる。1906(明治39)から1908(明治41)年度も同校校長を勤める。
  在任中に、県下に先がけて七貴小学校校歌を作る。
1909年(明治42)から
1914年(大正3)
 南佐久郡視学・小県郡視学・長野県視学を歴任した後、宮城県視学に転任する。
1917年(大正6) 片倉組よりのすすめにより、県視学を辞して、田中製糸工場支配人を勤める。
1920年(大正9) 片倉製糸株式会社となり、本社の東京への移転に伴い、本社に転勤し、副社長今井五介の秘書となる。
1922年(大正11) 今井氏と海外発展計画を推進し、県知事を会長とし、今井氏を顧問として、信濃海外協会を設立し幹事となる。
1923年(大正12) 今井氏を会長として海外協会中央会を設立し、丸ビル4階に事務所を置き幹事となる。
1925年(大正14)・
1928年(昭和3)
 片倉製紙の海外発展と邦人活躍実情調査のため、海外を視察する。
1933年(昭和8)から
1941年(昭和16)
 日本栄養協会で、月刊誌「栄養の栞」を編集・発刊する等して活躍する。
1944年(昭和19) 郷里上押野に疎開する。
1952年(昭和27)9月29日74歳亡くなる。

参考文献

明科町史明科町史編纂会/編安曇野市立図書館

関連画像

関連画像