ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 桂 如風|安曇野ゆかりの先人たち

桂 如風|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

写真はありません

桂 如風
かつら じょふう

上田藩士。国学誌文・経史・唐様書法に優れ、寺子屋師匠をする。子供は高島東水、孫は高島章貞。

生年月日不詳
没年月日1820年(文政3)1月27日
関連地域明科(上押野)
職業・肩書寺子屋師匠
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野文化(教育)

 

経歴

明科上押野に生れました。上田藩士で、本姓は菅原、名は民之進、字は世美といいました。妻は丸山辰右衛門の妹で、丸山家に寄寓しました。祖父道信、父吉治、兄希言は、古学派の学者で、子息に穂高の高島東水、孫に高島章貞がいました。桂如風は、国学誌文・経史・唐様書法を能(よ)くし、寺子屋師匠をしました。1820年(文政3)1月27日に亡くなり、七貴中木戸の共同墓地に筆塚が建てられ、「徳翁斎如風居士、施主門人中、文政三庚辰年正月廿七日」と刻まれています。

略歴譜

生年不詳 明科上押野に生れる。
  上田藩士で、本姓は菅原、名は民之進、字は世美という。
  妻は丸山辰右衛門の妹で、丸山家に寄寓する。
  祖父道信、父吉治、兄希言は、古学派の学者であった。
  国学誌文・経史・唐様書法を能くし、寺子屋師匠をする。
  子息に穂高の高島東水、孫に高島章貞がいた。
1820年(文政3)1月27日 亡くなる。
  七貴中木戸の共同墓地に筆塚が建てられ、「徳翁斎如風居士、施主門人中、文政三庚辰年正月廿七日」と刻まれている。

参考文献

明科町史明科町史編纂会/編安曇野市立図書館