ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 高山 勇|安曇野ゆかりの先人たち

高山 勇|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

高山 勇の写真

拡大表示

高山 勇
たかやま いさむ

中房谷からの引湯を成功させ穂高温泉郷を実現した穂高町長。天蚕の復活・初代松沢求策顕彰会長・等々力邸の公開等、郷土の個性の顕現に貢献。

生年月日1902年(明治35)9月29日
没年月日1990年(平成2)7月29日
関連地域穂高(柏原)
職業・肩書地方自治功労者
活躍年昭和時代
ゆかりの分野経済(産業)

 

経歴

穂高柏原に生れました。1918年(大正7)3月、南安曇郡北部農学校(現穂高商業高等学校)を卒業しました。1919年(大正8)6月10日、長野県養蚕教師免許を取得して、1926年(大正15)10月には西穂高村役場に就職し、勧業係を勤めました。1929年(昭和4)7月1日に、推されて西穂高村産業組合書記となりましたが、1938年(昭和13)、弟の戦死や過労により体調を崩し、これを機に人生観が大きく転換しました。その後、三田村産業組合・長野県厚生農業協同組合連合会副会長理事等を歴任しました。1962年(昭和37)12月に推されて穂高町長となり、穂高温泉郷や学者村の実現、ミニ下水道穂高方式の開発、天蚕の復活等、地域の発展に貢献しました。また、早くから行った自主財源培養の効果は大きく、まれに見る成果を上げました。

略歴譜

1902年(明治35)9月29日0歳穂高柏原に生れる。
1918年(大正7)3月15歳南安曇郡北部農学校を卒業する。
1919年(大正8)6月10日16歳長野県養蚕教師免許を取得する。
1926年(大正15)10月20日24歳西穂高村役場に就職し、勧業係を勤める。
1929年(昭和4)7月1日26歳推されて西穂高村産業組合書記となる。
1938年(昭和13)10月10日36歳弟の戦死や過労により体調をくずし、人生第二の転換期となる。三田村産業組合駐在を勤める。 
1941年(昭和16)3月31日38歳産業組合中央会長野支会南安曇郡部会主事補となり、産業組合の中枢を勤める。
1960年(昭和35)6月9日57歳長野県厚生農業協同組合連合会(県厚生連)副会長理事に就任する。
1962年(昭和37)12月15日60歳推されて穂高町長となり、穂高温泉郷や学者村の開発等を行い、町政と経済の発展に著しく貢献する。
1970年(昭和45)12月15日68歳穂高町長に再選され、3・4選を含めて、早くから行った自主財源培養の効果は大きく、まれに見る成果を上げる。
1977年(昭和52) 自然文化の保存と復興を図り、特に、天蚕技術の伝承に貢献する。
1990年(平成2)7月29日87歳亡くなる。

参考文献

穂高に生きて―わが八十年の生涯―『高山勇回顧録』出版委員会/発行安曇野市立図書館