ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 高島 章貞|安曇野ゆかりの先人たち

高島 章貞|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

高島 章貞の写真

拡大表示 © 制作 征矢野久

高島 章貞
たかしま しょうてい

医師、私塾・星園塾師匠。松沢求策・望月忠蔵の師。

生年月日1804年(文化1)
没年月日1869年(明治2)
関連地域穂高(東穂高)
職業・肩書医師・文学者・塾
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野社会(医療厚生)

 

経歴

穂高東穂高に生れました。祖父の代からの医業を継ぎ、外科に秀でていました。医学と文学の研究を行いました。穂高で星園塾を開き、自由民権家松沢求策、教育家胡桃儒策、実業家望月忠蔵、南安曇郡最初の県会議員小川為一郎等を養成しました。歌人・国学者の橘千陰と並び称され、かなは香川景樹に私淑(ししゅく)し、士気のみなぎる書風で知られていました。碑文では、穂高白金の望月びん重筆塚、豊科重柳の馬頭観音、穂高等々力の庚申塔(こうしんとう)、穂高荒屋の百穀豊登の石碑、明科の丸山庄蔵筆塚に自筆の和歌を残しました。1869年(明治2)に勤王運動が高まり、京都へ行く途中、近江(滋賀県)で急な病に倒れ、亡くなりました。

略歴譜

1804年(文化1)0歳穂高東穂高に生れる。祖父の代から医業が継がれている。
  香川景樹に入門し、桂園派の和歌に長じる。
  医師となって周遊し、医学と文学を研究する。外科に秀でる。
  穂高に帰り、星園塾を開く。
  経史・詩文・諸子及び国学に精通し、和歌は香川景樹についてその道を深め、傍ら仏典を修めて造詣も深い。
  多くの弟子の中で、最も優れた弟子は松沢求策であった。
1869年(明治2) 招令を受けて京都へ急ぐも、大津で急な病に倒れ、亡くなる。

参考文献

南安曇郡誌第三巻下南安曇郡誌改訂編纂会/編安曇野市立図書館
安曇野の美術丸山楽雲/編安曇野市立図書館