ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 轟 伝|安曇野ゆかりの先人たち

轟 伝|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

写真はありません

轟 伝
とどろく つとう

第10大区長等の要職を勤め、穂高に「研成学校」の新設、重柳氾濫(はんらん)原の水防と耕地化、蚕種生産のために興した「開産社」の社長となる等、自治経済振興に尽力する。

生年月日1830年(天保1)
没年月日1885年(明治18)
関連地域豊科(重柳)
職業・肩書大庄屋
活躍年明治時代
ゆかりの分野経済(産業)

 

経歴

豊科重柳に、保高組大庄屋等々力伝右衛門の子として生れました。明治維新までの18年間、父親の伝右衛門を襲名して大庄屋を勤め、1869年(明治2)「轟伝」と改名し、重柳村名主を勤めました。1872年(明治5)に、制度改正により、重柳村ほか四ヶ村戸長兼学校世話役・病院世話役となり、翌年、第10大区長に任ぜられました。穂高に研成学校の新設、重柳氾濫(はんらん)原の水防と耕地化、蚕種生産のために興した「開産社」の社長となる等、教育と自治経済振興のために尽力しました。伊勢神宮に神官教本部がおかれて、各地に組織された「神風講社」の社長も務めました。 1879年(明治12)、南安曇郡役所が開設され、次席書記を3年間勤めました。1885年(明治18)、55歳で亡くなりました。

略歴譜

1830年(天保1)0歳豊科重柳に、保高組大庄屋等々力伝右衛門の子として生れる。
  明治維新までの18年間、父親の伝右衛門を襲名して大庄屋を勤める。
1869年(明治2)12月 「轟伝」と改名し、重柳村名主を勤める。
1872年(明治5) 制度改正により、重柳村ほか四ヶ村戸長兼学校世話役・病院世話役となる。
1873年(明治6)3月 第10大区長(元成相組・保高組・松川組)に任ぜられる。
  穂高に研成学校の新設のため、学区取締兼研成学校幹事として尽力する。
  重柳氾濫原の水防と耕地化、蚕種生産のため「開産社」を興し社長となる等、自治経済振興のため尽力する。
  伊勢神宮に神官教本部がおかれて、各地に組織された「神風講社」の社長となる。
1875年(明治8) 穂高神社に、神風講社大区教会所が新築される。
1879年(明治12) 南安曇郡役所が開設され、次席書記となる。初代郡長は関口侯彦、首席書記は松尾重義となる。
1881年(明治14) 南安曇郡次席書記を辞職する。
1885年(明治18)55歳亡くなる。

参考文献

豊科町誌豊科町誌編纂会/編安曇野市立図書館