ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 細川 喜之也|安曇野ゆかりの先人たち

細川 喜之也|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

写真はありません

細川 喜之也
ほそかわ きのや

座繰製糸から始めた製糸業を、郡内唯一の機械製糸工場に発展させ、南安曇郡生糸同業組合長となり、地域の産繭業等に尽力する。

生年月日1863年(文久3)
没年月日1929年(昭和4)
関連地域豊科(細萱)
職業・肩書蚕業功労者
活躍年大正時代
ゆかりの分野社会(交通通信)

 

経歴

豊科細萱に生れました。明治中頃に製糸業を志し、近隣の婦人や女子を頼み、10釜程度の座繰製糸から始め、1897年(明治30)、合資会社細川製糸場「丸キ」を設立しました。1910年(明治43)からは、郡内唯一の機械製糸工場に発展し、1925年(大正14)に、南安曇郡生糸同業組合長となりました。1926年(大正15)には、長野県生糸同業組合評議員となり、地域産業の発展に尽力しました。当時、自宅工場は150釜、穂高分工場は50釜、従業員は200人に成長し、地域の産繭(さんけん)・繭取引・生糸取引・製糸業への就職等、地域の活性化にも役立ちました。長男細川正文が事業の跡を継ぎ、同業合併の「丸合製糸工場」の工場長等を勤めました。1929年(昭和4)、66歳で亡くなりました。

略歴譜

1863年(文久3)0歳豊科細萱に生れる。
明治中頃 製糸業を志し、近隣の婦女子を頼み、10釜程度の座繰製糸から始める。
1897年(明治30) 合資会社細川製糸場「丸キ」を設立する。
1910年(明治43) 郡内唯一の機械製糸工場に発展する。
1925年(大正14) 南安曇郡生糸同業組合長となる。
1926年(大正15) 長野県生糸同業組合評議員となり、地域産業の発展に尽力する。
  自宅工場は150釜、穂高分工場は50釜、従業員は200人に成長する。
  地域の産繭・繭取引・生糸取引・製糸業への就職等、地域の活性化に役立つ。
1929年(昭和4)66歳亡くなる。
  長男細川正文が事業の跡を継ぎ、同業合併の「丸合製糸工場」の工場長等を勤める。

参考文献

 豊科町誌豊科町誌編纂会/編安曇野市立図書館