ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 三好 庫蔵|安曇野ゆかりの先人たち

三好 庫蔵|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

写真はありません

三好 庫蔵
みよし くらぞう

能筆家で師匠。

生年月日江戸
没年月日1864年(元治1)
関連地域明科(池桜日陰)
職業・肩書書の師匠
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野文化(文芸)

 

経歴

明科池桜日陰に生れました。諱(いみな)は、祐正と称しました。質朴にして書を能(よ)くし、子弟を教え、子の三好吉次郎も師匠となりました。1864年(元治1)に亡くなり、同年11月に門人が筆塚を建てました。「筆子らが文字よくすがたうつしたる、手ならいかがみ、建つるめでたき」と刻まれています。

略歴譜

江戸 明科池桜日陰に生れる。諱(いみな)は、祐正と称する。
  質朴にして書を能くし、子弟を教える。子吉次郎も師匠となる。
1864年(元治1) 亡くなる。
1864年(元治1)11月 門人が筆塚を建て、「筆子らが文字よくすがたうつしたる、手ならいかがみ、建つるめでたき」と刻まれている。

参考文献

明科町史明科町史編纂会/編安曇野市立図書館