ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 三沢 英一|安曇野ゆかりの先人たち

三沢 英一|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

三沢 英一の写真

拡大表示

三沢 英一
みさわ えいいち

教師。自由主義思想の鼓吹に尽力。

生年月日1882年(明治15)
没年月日1942年(昭和17)2月1日
関連地域堀金(田多井)
職業・肩書教育功労者
活躍年大正時代
ゆかりの分野文化(教育)

 

経歴

堀金田多井に生れました。1904年(明治37)、長野県師範学校(現信州大学教育学部)を卒業して、豊科組合立高等小学校に奉職し、堀金、梓、島立、島内と転任しました。1909年(明治42)9月に、温明尋常高等小学校首席訓導となりました。1914年(大正3)、開智小学校に勤務となりました。一身の利害打算を考えず、自らを堅持して説をまげない教育信念を持ち、人格尊重、自由主義的新思想を持つ教師と共に、2回、校長排斥の挙に出ました。1918年(大正7)、南穂高小学校長に就任した後、堀金小学校長、豊科小学校長、梓小学校長を歴任し、郡下で合わせて17年間校長を勤めました。また、南安曇教育会長を6年間勤め、信州教育界においても大きな存在となりました。1942年(昭和17)に亡くなりました。

略歴譜

1882年(明治15)0歳堀金田多井の喜文治の長男に生れる。
1904年(明治37) 長野県師範学校を卒業して、豊科組合立高等小学校に奉職する。
  堀金、梓、島立、島内と転任する。
1909年(明治42)9月27歳温明尋常高等小学校首席訓導となる。
  人格尊重、自由主義的新思想を持つ教師と共に、校長排斥の挙に出る。
1914年(大正3) 開智小学校に勤務する。
1915年(大正4) 師範学校長星菊太排斥運動に加わり、長野に集まる。
1918年(大正7)36歳南穂高小学校長に転出する。
1920年(大正9) 堀金小学校長を8年間勤める。
1929年(昭和4) 豊科小学校長を3年間勤める。
1942年(昭和17) 梓小学校長を3年間勤め、郡下で合わせて17年間校長を勤める。
1942年(昭和17)2月1日60歳病気のため亡くなる。

参考文献

南安曇郡誌第三巻下南安曇郡誌改訂編纂会/編安曇野市立図書館
堀金村誌堀金村誌編纂委員会・堀金村公民館/編安曇野市立図書館