ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 山田 多賀市|安曇野ゆかりの先人たち

山田 多賀市|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

山田 多賀市の写真

拡大表示

山田 多賀市
やまだ たかいち

農民文学の発展に貢献。小説「耕土」・「生活の仁義」などを著す。戦争に反対し、戦後死ぬまで無戸籍を貫いた。

生年月日1907年(明治40)
没年月日1990年(平成2)9月
関連地域堀金(田尻)
職業・肩書農民作家・農民解放運動家
活躍年昭和時代
ゆかりの分野文化(文芸)

 

経歴

堀金田尻の農家に生れました。19歳の時、伊那谷の発電工事場で働き、帳付けをしていた葉山嘉樹と知り合い、読書に興味を持つようになりました。21歳の時、日本農民組合青年部に加入して、農民解放運動に参加しましたが、25歳で運動から転向し、作家を志しました。新田潤の勧めによって書いた短篇が、「人民文庫」に新人創作として載り、続いて同人雑誌「槐(えんじゅ)」に小説『耕土』が掲載されて、文壇の注目を集めるようになりました。30歳頃には、『耕土』が出版され、「中央公論」や「赤門文学」で高い評価を受けました。また、小説『生活の仁義』なども著しました。戦後は、農業技術雑誌「農業と文化」・「農政と技術」・「農民文学」を発行し、編集長を10年間勤めました。また、自伝小説『雑草』によって、全線文学賞を受賞しました。1984年(昭和59)、随筆『終焉の記』を出版しました。

略歴譜

1907年(明治40)0歳堀金田尻の農家に生れる。
 19歳伊那谷の発電工事場で働き、帳付けをしていた葉山嘉樹と知り合い、読書に興味を持つようになる。
 21歳日本農民組合青年部に加入して、農民解放運動に参加するが、25歳で運動から転向し、作家を志す。
  新田潤の勧めによって書いた短篇が、「人民文庫」に新人創作として載る。
  同人雑誌「槐」に、小説『耕土』が掲載されて文壇の注目を集めるようになる。
 30歳頃『耕土』が出版され、「中央公論」や「赤門文学」で高い評価を受ける。
  小説『生活の仁義』を著す。
  戦後は、農業技術雑誌「農業と文化」・「農政と技術」・「農民文学」を発行し、編集長を10年間勤める。
1950年(昭和25)頃 堀金中学校建設当時、多額な寄付を行う。
  自伝小説『雑草』によって、全線文学賞を受賞する。
1980年(昭和55)8月 堀金村夏期大学の要請で、講演のため帰村する。
1984年(昭和59) 随筆『終焉の記』を出版する。
1990年(平成2)9月82歳亡くなる。

参考文献

堀金村誌堀金村誌編纂委員会・堀金村公民館/編安曇野市立図書館