ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 釈 弘範|安曇野ゆかりの先人たち

釈 弘範|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

写真はありません

釈 弘範
しゃく こうはん

穂高等々力町の牛流山(ごりゅうざん)真龍院に錫をとどめ、衆生済度と師弟の薫化に尽す。

生年月日1655年(承応4)
没年月日1734年(享保19)
関連地域穂高(等々力町)
職業・肩書住職
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野文化(宗教)

 

経歴

京都の公卿の出で、皇居に仕えた人だと伝えられています。諸国を行脚して仏法を極め、文筆に秀でた高僧で、たまたま穂高等々力町の牛流山真龍院(廃仏毀釈で廃寺)に錫をとどめ、真言宗住職として、衆生済度と師弟の薫化に尽しました。
また、子弟には俳諧として活躍した荒川玉芳がいました。1734年(享保19)、79歳で亡くなりました。穂高等々力町の北隅に小堂があって、弘範様と呼ばれています。そばに、「法印権大僧都大阿闍利弘範大和尚位」と刻んだ花崗岩の碑が立っています。

略歴譜

1655年(承応14)0歳京都の公卿の出で、皇居に仕えた人だと伝えられている。
  諸国を行脚して仏法を極める。
  穂高等々力町の牛流山真龍院に錫をとどめ、衆生済度と師弟の薫化に尽す。子弟に、俳諧師の荒川玉芳がいた。
1734年(享保19)79歳亡くなる。

参考文献

南安曇郡誌第三巻下南安曇郡誌改訂編纂会/編安曇野市立図書館