ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 狩野 洞索|安曇野ゆかりの先人たち

狩野 洞索|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

写真はありません

狩野 洞索
かのう どうさく

狩野派の画家。京都に出て、狩野洞寿に入門して後、農民画家として屏風や襖絵を残す。

生年月日1764年(宝暦・明和)頃
没年月日1844年(天保・弘化)頃
関連地域穂高(矢原)
職業・肩書日本画家
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野文化(芸術)

 

経歴

穂高矢原に生れました。
初め、狩野梅二(平林梅二)に手ほどきを受け、その後、京都に出て狩野洞寿に入門したといわれます。
帰郷後、農民画家として暮らし、屏風や襖絵を残しました。洞索は、矢原の荻原姓で、碌山の祖先に当ります。
1844年(天保・弘化)頃に亡くなりました。

略歴譜

1764年(宝暦・明和)頃0歳穂高矢原に生れる。姓を荻原といい、荻原碌山の祖先に当る。
  狩野梅二(平林梅二)に手ほどきを受ける。
  京都に出て、狩野洞寿に入門する。
  帰郷後、農民画家として暮らし、屏風や襖絵を残す。
1844年(天保・弘化)頃 亡くなる。

参考文献

穂高町誌穂高町誌編纂委員会/編安曇野市立図書館
安曇野の美術丸山楽雲/編安曇野市立図書館