ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 小林 喜作|安曇野ゆかりの先人たち

小林 喜作|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

小林 喜作の写真

拡大表示

小林 喜作
こばやし きさく

喜作新道を開設した山案内人。北アルプスの名猟師。槍ヶ岳登山の普及に尽力。

生年月日1875年(明治8)
没年月日1923年(大正12)
関連地域穂高(牧)
職業・肩書北アルプスの名猟師・山案内人。
活躍年明治時代
ゆかりの分野社会(社会事業)

 

経歴

穂高牧に生れました。17歳で猟を始めたと言われています。この年、同郷の先輩、為右衛門老の案内で、槍ヶ岳の頂上に初めて立った後、猟のため北アルプス一帯を歩き回り、山道に精通しました。地図作製の為の測量官を奥地に案内して、測量にも参加しました。その後、多くの著名人の案内をし、登頂を成功へと導きました。当時、中房温泉を起点とした槍ヶ岳への縦走路は、4日も5日もかかっていました。そこで、喜作は、自分が猟でよく知っている、大天井から分岐して、赤岩岳・西岳を経て水俣乗越に下り、そこから東鎌尾根を登って、たった1日で楽に行ける、いわゆる「喜作新道」を開拓しました。息子の一男と二人で開拓したこの道は、「アルプス銀座」と呼ばれ、多くの登山者に親しまれています。

略歴譜

1875年(明治8)0歳穂高牧に生れる。
  地図作製の為の測量官を奥地に案内し、測量にも参加した。槍ヶ岳に、60キロある三角点標石(御影石)を背負い上げた。
1912年(大正1) 植物学者辻村伊助を、常念から餓鬼岳へ案内する。
1918(大正7)から1922年(大正11) 長男一男と「喜作新道」を開拓する。松方三郎は、喜作があたかも銀座辺りを気楽に歩くように歩いたことから、「アルプス銀座」と名付けた。
1922年(大正11)3月 積雪期に、槇有恒・松方三郎・大島亮吉等の槍ヶ岳初登頂を案内し、成功させた。
1922年(大正11) 同年、殺生小屋(現殺生ヒュッテ)を開業する。
1923年(大正12) 出猟中、鹿島槍ヶ岳棒小屋沢で、長男一男と共に雪崩により亡くなる。
1960年(昭和35) 大天井岳の岩盤に、小川大系の作によるレリーフが設置された。

参考文献

長野県歴史人物大辞典郷土出版/発行安曇野市立図書館
山本茂実全集 第三巻 喜作新道郷土出版/発行安曇野市立図書館
写真:思い出のアルバム安曇郷土出版/発行安曇野市立図書館
ウィキペディア「槍ヶ岳」