ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 上原 良司|安曇野ゆかりの先人たち

上原 良司|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

上原 良司の写真

拡大表示

上原 良司
うえはら りょうじ

特攻隊員として出撃前夜に書き残した「所感」が、敗戦後のわが国民に自由主義の国づくりを訴えたメッセージとして高く評価されている。

生年月日1922年(大正11)9月27日
没年月日1945年(昭和20)5月11日
関連地域穂高(耳塚。池田町出身。)
職業・肩書「あゝ 祖国よ 恋人よ きけ わだつみのこえ」の「所感」が掲載される。
活躍年昭和時代
ゆかりの分野文化(文芸)

 

経歴

池田町中鵜鵜山に、医師をしている寅太郎の三男として生れました。それから九州小倉・台湾と父親の転勤に伴い転任し、耳塚に移り、文化的な雰囲気の中に育ちました。二人の兄に続いて、1935年(昭和10)に松本中学校(現深志高等学校)に入学し、1940年(昭和15)に卒業して、慶応義塾大学経済学部予科に入学、その後、本科経済学部に進みました。しかし、1943年(昭和18)学徒出陣により松本第50連隊(歩兵150連隊)に入隊し、学業の道は断たれました。1944年(昭和19)、熊谷陸軍飛行学校相模教育隊に入校後、舘林教育隊で飛行操縦訓練を始め、極限の生活を体験し、自由主義の正しさを確信しました。そして、1945年(昭和20)陸軍特別攻撃隊第56振武隊員として沖縄嘉手納湾上の米海軍機動部隊に突入し、22歳の若さで戦死しました。

略歴譜

1922年(大正11)9月27日0歳池田町中鵜鵜山で、医師の父寅太郎・母よ志江の三男として生れる。
  九州小倉・台湾と父親の転勤に伴い転任し、有明耳塚に移り、成長する。
1935年(昭和10) 松本中学校に入学する。
1940年(昭和15) 松本中学校を卒業する。
1941年(昭和16) 慶応義塾大学予科に入学する。
1943年(昭和18) 慶応義塾大学予科を繰上げ卒業し、同大学経済学部に進学する。
1943年(昭和18)12月1日21歳学徒出陣により、陸軍松本第50連隊(歩兵150連隊)へ入隊する。
1944年(昭和19)2月9日21歳熊谷陸軍飛行学校相模教育隊へ入校する。
1944年(昭和19)3月24日21歳舘林教育隊にて飛行操縦訓練をする。
1944年(昭和19)7月20日21歳熊谷陸軍飛行学校を卒業する。
1945年(昭和20)5月11日22歳陸軍特別攻撃隊第56振武隊員として、沖縄嘉手納湾上の米海軍機動部隊に突入し、戦死する。     

参考文献

新版「あゝ 祖国よ 恋人よ きけ わだつみのこえ 上原良司」編者 中島博昭安曇野市立図書館