ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 清沢 洌|安曇野ゆかりの先人たち

清沢 洌|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

清沢 洌の写真

拡大表示

清沢 洌
きよさわ きよし

昭和初期の自由主義転落論争で自由主義擁護の旗手。太平洋戦争中、戦後を見越し日本外交史研究所を設立。外交史辞典を編纂し、「暗黒日記」を書き残す。

生年月日1890年(明治23)
没年月日1945年(昭和20)5月11日
関連地域穂高(青木花見)
職業・肩書国際主義自由主義の代表論者・実業家
活躍年昭和時代
ゆかりの分野社会(報道出版)

 

経歴

穂高青木花見に生れました。尋常高等小学校在学中に、望月直弥の影響を受け、研成義塾に学びました。1906年(明治39)に渡米し、シアトルからタコマへ移り、勤労しながら初等学校に通学しました。シアトルの新聞社「北米時事」タコマ支社主任となり、討論会・演説会等を催し、またシアトル旭新聞に寄稿もしました。1914年(大正3)、三大邦字新聞の一つであるサンフランシスコの「新世界」に編集長として招聘(しょうへい)されました。1918年(大正7)、実業家を志して帰国し、横浜の管川貿易商会に勤務しました。1921年(大正10)、東京中外新報社外務部長、1927年(昭和2)に朝日新聞社企画次長、報知新聞論説委員として活躍し、退社後、自由人として各雑誌・新聞に執筆しました。1943年(昭和18)、日本外交史研究所を開設して、所長となりました。1954年(昭和29)、遺稿「暗黒日記」が発刊されました。

略歴譜

1890年(明治23)0歳穂高青木花見に生れる。
1906年(明治39) 渡米し、シアトルからタコマへ移り、勤労しながら初等学校に通学する。
 新聞社「北米時事」タコマ支社主任となり討論会・演説会等を催し、シアトル旭新聞に寄稿、シアトル文壇にも顔を出す。
1914年(大正3) 三大邦字新聞の一つであるサンフランシスコの「新世界」に編集長として招聘される。
1918年(大正7) 実業家を志して帰国し、横浜の管川貿易商会に勤務する。
1919年(大正8) 管川貿易商会の米国視察員としてサンフランシスコの「新世界」に赴く。
1921年(大正10) 東京中外新報社に入社し、外報部長となる。
1927年(昭和2) 朝日新聞企画次長に抜擢され、中央公論等にも寄稿して評論家としての名声を高める。
 報知新聞論説委員となり活躍し、退社後、自由人として各雑誌・新聞に執筆する。
1943年(昭和18) 芦田均と日本外交史研究所を開設して、その所長となる。
1945年(昭和20)5月11日55歳病気のため亡くなる。
1954年(昭和29) 「暗黒日記」が発刊される。

参考文献

南安曇郡誌第三巻下南安曇郡誌改訂編纂会/編 安曇野市立図書館
穂高町誌穂高町誌編纂委員会/編安曇野市立図書館