ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 斉藤 瀏|安曇野ゆかりの先人たち

斉藤 瀏|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

斉藤 瀏の写真

拡大表示

斉藤 瀏
さいとう りゅう

2.26事件で青年将校達に協力した陸軍少将・歌人。

生年月日1879年(明治12)
没年月日1953年(昭和28)7月5日
関連地域明科(押野)
職業・肩書歌人
活躍年昭和時代
ゆかりの分野文化(文芸)

 

経歴

明科押野で生れました。日露戦争に従軍した後、第七師団参謀として満州に渡りました。1930年(昭和5)に陸軍少将で退役して、東京に住みました。日露戦争の頃に作歌を志し、佐々木信綱の門に入り、短歌を学びました。1939年(昭和14)に歌誌「短歌人」を発行し、全国各地を講演しました。1944年(昭和19)、池田町に夫人と共に疎開して歌話会を持ち、七貴の人々と交流しました。翌年の5月、押野の生家跡へ七貴学校同窓会と六川会が発案者となって歌碑を建て、「わがたつは天のさ霧の中ならず、真日まねくてる大地の上」を刻みました。1948年(昭和23)に長野市へ移り、1953年(昭和28)7月5日、亡くなりました。

略歴譜

1879年(明治12)0歳明科押野に生れる。
  日露戦争に従軍した後、第七師団参謀として満州に渡る。
  日露戦争の頃に作歌を志し、佐々木信綱の門に入り、短歌を学ぶ。
1927年(昭和2) 熊本第11旅団長となる。
1928年(昭和3) 済南出兵となる。
1930年(昭和5) 陸軍少将で退役して、東京に住む。
 国政改革の要を強調し、陸軍青年将校と素志を語る。
1939年(昭和14) 歌誌「短歌人」を発行し、全国各地を講演する。
1944年(昭和19) 池田町に夫人と共に疎開して歌話会を持ち、七貴の人々と交流する。
1945年(昭和20)5月 押野の生家跡へ七貴学校同窓会と六川会が発案者となって、歌碑を建てる。
1948年(昭和23) 長野市へ移る。
1953年(昭和28)7月5日74歳亡くなる。

参考文献

明科町史明科町史編纂会/編安曇野市立図書館
長野県歴史人物大辞典郷土出版/発行安曇野市立図書館