ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 相馬 黒光|安曇野ゆかりの先人たち

相馬 黒光|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

相馬 黒光の写真

拡大表示

相馬 黒光
そうま こっこう

中村屋サロンの中心的存在。作家。相馬愛蔵の妻。

生年月日1876年(明治9)
没年月日1955年(昭和30年)3月20日
関連地域穂高(白金。仙台市出身。)
職業・肩書作家
活躍年大正時代
ゆかりの分野経済(経済)

 

経歴

新宿中村屋の創業者。仙台市旧屋敷町に生れました。名は良、旧姓は星、幼名は菱、号を黒光と称しました。宮城女学校(現宮城学院)、横浜フェリス女学校を経て、明治女学校在学中に東京専門学校(現早稲田大学)を卒業しました。北海道を遊歴し、相馬愛蔵を知りました。1897年(明治30)に明治女学校を卒業し、翌年に穂高白金の相馬家に嫁入りました。家事の暇に、東京の「女学雑誌」に寄稿しました。黒光は苦労の末に、東京本郷赤門前のパン屋中村屋を譲り受け、やがて新宿に移転した中村屋を、夫の愛蔵とともに努力を重ね、商才を発揮して発展させました。また、印度の志士ポーズ等の保護に当ると共に、芸術家等文化人が集う中村屋サロンの中心的存在でした。60歳頃、作家活動を再開し、「黙移」等を著しました。

略歴譜

1876年(明治9)0歳仙台市旧屋敷町に生れる。名は良、旧姓は星、幼名は菱、号は黒光と称する。
  片平町尋常小学校、東二番町高等小学校を卒業し、宮城女学校に進学する。
  横浜フェリス女学校を経て、明治女学校在学中に東京専門学校(現早稲田大学)を卒業する。
  北海道を遊歴し、郷土の文化指導等に抱負をもっていた時、相馬愛蔵を知る。
1897年(明治30) 明治女学校を卒業し、翌年、穂高白金の相馬家に嫁入りする。
  東京の「女学雑誌」に寄稿する。
  東京本郷赤門前のパン屋中村屋を譲り受け、やがて新宿に移転して発展させる。
  印度の志士ポーズ等の保護に当ると共に、芸術家等文化人が集う中村屋サロンの中心的存在となる。
  仏教に帰依し、渡辺海旭・大島徹水等の高僧に師事する。
 60歳頃作家活動を再開し、「黙移」等を著す。
1955年(昭和30)3月20日79歳急病のため、亡くなる。

参考文献

南安曇郡誌第三巻下南安曇郡誌改訂編纂会/編安曇野市立図書館
穂高町誌穂高町誌編纂委員会/編 安曇野市立図書館
写真:がいどぶっく 穂高ものがたり中島 博昭/著安曇野市立図書館