ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 草間 太重郎|安曇野ゆかりの先人たち

草間 太重郎|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

写真はありません

草間 太重郎
くさま たじゅうろう

謡曲家。京都で宝生(ほうしょう)流謡曲の深奥を究め、帰郷後に、多くの人々に教える。

生年月日江戸
没年月日不詳
関連地域穂高(耳塚)
職業・肩書謡曲家
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野文化(文芸)

 

経歴

穂高耳塚に生れました。諱(いみな)は道賢といいました。京都に学び、宝生流謡曲の深奥を究めました。後に郷里に帰り、潮村の招きに応じて謡曲を教えました。塔ノ原・潮沢・塩川原・押野・四賀村方面から多くの人が来て学びました。
1863年(文久3)春に、門弟が謡塚を旧道端へ建てました。謡塚には、「拙きを人の心に仰がれて、名は後までも残るうれしさ」と刻まれています。

略歴譜

江戸0歳穂高耳塚に生れる。諱は道賢と称する。
  京都に学び、宝生流謡曲の深奥を究める。
  郷里に帰り、潮村の招きに応じて謡曲を教える。
  塔ノ原・潮沢・塩川原・押野・四賀村方面から来て学ぶ者が多い。
1863年(文久3)春 門弟が謡塚を旧道端へ建てる。「拙きを人の心に仰がれて、名は後までも残るうれしさ」と刻まれる。
没年不詳 亡くなる。

参考文献

明科町史明科町史編纂会/編安曇野市立図書館