ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 中村 英碵|安曇野ゆかりの先人たち

中村 英碵|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

中村 英碵の写真

拡大表示

中村 英碵
なかむら えいせき

医師開業。

生年月日1784年(天明4)
没年月日1863年(文久3)10月
関連地域三郷(上長尾)
職業・肩書医師(松本藩藩医)・歌人
活躍年江戸時代以前
ゆかりの分野文化(文芸)

 

経歴

三郷上長尾に生れました。幼少の頃から学問が好きで、単身で長崎へ赴き蘭学を学ぶとともに医学を志しました。さらに京阪の地で数年間研鑽(けんさん)を積み、医師の資格を取得しました。世相から医学に専念することが許されなかったため、頼三樹三郎・梅田雲濱等の志士と交わって20余年国事に尽しました。老母の懇願で郷里に戻り、開業して貴賎貧富の別なく施療し、貧しい人には無料で治療を行い、村民はその徳を称えました。その名声を伝え聞き、遠近から診察を求める人が増えました。また、松本藩の藩医を拝命し、領主の診療に従いました。さらに、本居太平の門人となり、国学を学んだほか、禅学・易学・暦数を深め、茶道・音楽の道をも究め、仏道修業にも励みました。1863年(文久3)、病気のため亡くなりました。

略歴譜

1784年(天明4)0歳三郷上長尾の桂三郎の長男に生れる。
 16歳単身で長崎へ遊学する。
  医学を志し、京阪の地で数年間研鑽し免許を取得する。
文化 世相から医学に専念することが許されず、天下の志士と交わって20余年国事に尽す。
  高齢の母親の懇願で郷里に戻り、開業する。
  名声を伝え聞き、遠近から診察を求める人が増える。
1823(文政6)から
1830年(文政13)頃
 本居太平の添削した詠草を多く残す。
  尾州万松寺の洞霊和尚に師事して禅学を修める。
1824年(文政7) 本居太平の門人となり、国学を学んだほか、禅学・易学・暦教に造詣が深く、茶道・音楽の道をも究め仏道修業にも励む。
1863年(文久3)10月79歳病気のため亡くなる。
  父子三代継いで医業に精進し、名医となって社会のために尽す。

参考文献

南安曇郡誌第三巻下南安曇郡誌改訂編纂会/編安曇野市立図書館
三郷村誌1三郷村誌編纂会/編安曇野市立図書館