ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 唐澤 廣見|安曇野ゆかりの先人たち

唐澤 廣見|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

唐澤 廣見の写真

拡大表示

唐澤 廣見
からさわ ひろみ

三田郵便局の二代目局長に就任後、数々の要職に就き、南安曇郡の郵政発展に大きく貢献する。勇退後は、長野県選挙管理委員会連合会副会長等を歴任し、公正な選挙の実現に尽力する。

生年月日1899年(明治32)
没年月日1984年(昭和59)
関連地域堀金(上堀)
職業・肩書郵政事業功労者
活躍年昭和時代
ゆかりの分野経済(産業)

 

経歴

堀金上堀に生れました。1918年(大正7)から北安曇郡の平、南安曇郡の豊科・温明各小学校教員として勤務しました。1927年(昭和2)には、三田郵便局の2代目局長に就任しました。小学校の備品費や電信電話事務の開始に多額の寄附をし、烏川村会議員としても活躍しました。また、南安局長会内の郵便奨励幹事・苦情処理委員・団体交渉委員等を兼務し、郵政事業の発展に大きく貢献しました。郵政事業関係を勇退後は、秀れた識見と誠実な人柄を買われて要職に就きました。1968年(昭和43)に、堀金村選挙管理委員会委員長に就任したのを始め、南安曇郡選挙管理委員会連合会長・長野県選挙管理委員会連合会副会長等を歴任し、公明な選挙の実現を目指して努力を続けました。1976年(昭和51)10月には、選挙に関する功績により、自治大臣表彰を受賞しました。1984年(昭和59)、85歳で亡くなりました。

略歴譜

1899年(明治32)0歳堀金上堀に生れる。
1918年(大正7) 北安曇郡の平、南安曇郡の豊科・温明各小学校教員として勤務する。
1927年(昭和2) 三田郵便局の2代目局長に就任する。
1931年(昭和6) 堀金小学校に250円を寄附し、翌年長野県知事から表彰される。
1935年(昭和10)7月 地元出身の代議士植原悦二郎に働きかけ、私費500円を寄附して電信電話事務の開始を実現する。
1942年(昭和17) 烏川翼賛壮年団長となる。
1943年(昭和18) 南安曇郡翼賛壮年団長・烏川村会議員・南安曇郡特定郵便局長会長となる。
1951年(昭和26) 南安局長会内の郵便奨励幹事・苦情処理委員・団体交渉委員等を兼務し、郵政事業の発展に大きく貢献する。
1967年(昭和42)6月 郵政事業関係を勇退する。
1968年(昭和43) 堀金村選挙管理委員会委員長に就任する。
1972年(昭和47) 南安曇郡選挙管理委員会連合会長に就任する。
1974年(昭和49) 長野県選挙管理委員会連合会副会長等に就任し、公明な選挙の実現を目指して努力を続ける。
1976年(昭和51) 選挙に関する功績により、自治大臣表彰を受賞する。
1984年(昭和59)85歳亡くなる。

参考文献

堀金村誌堀金村誌編纂委員会・堀金村公民館/編安曇野市立図書館