ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市ゆかりの先人たち > 島田 彦五郎|安曇野ゆかりの先人たち

島田 彦五郎|安曇野ゆかりの先人たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

島田 彦五郎の写真

拡大表示

島田 彦五郎
しまだ ひこごろう

洋画家。大町高等学校等で教鞭をとり、中信美術会・信濃美術会で活躍する。静物画を得意とし、堅実な作風で知られる。

生年月日1907年(明治40)
没年月日1962年(昭和37)
関連地域穂高
職業・肩書洋画家
活躍年昭和時代
ゆかりの分野文化(芸術)

 

経歴

穂高に生れました。大町中学(現大町高等学校)、川端画学校を卒業し、東京美術学校(現東京藝術大学)洋画科に進みました。その後、教師となり、松本女子職業学校(現美須々ヶ丘高等学校)、東京の私立中学校の美術教師を勤めました。
戦後は、大町高等学校に勤務しました。
静物画を得意とし、作品は堅実な作風で知られました。地元の愛好家に親しまれ、滋味ある作品を残しました。小室孝雄らと共に光風会に出品して、中信美術会等で活躍しました。また、信濃美術会にも参加しました。1962年(昭和37)に、将来を嘱望されながら、54歳で亡くなりました。

略歴譜

1907年(明治40)0歳穂高に生れる。
  川端画学校、東京美術学校を卒業する。
  教師となる。
  堅実な作風で知られる。
  地元の愛好家に親しまれ、滋味ある作品を残す。
  小室孝雄らと共に光風会に出品して、中信美術会等で活躍する。また、信濃美術会にも参加する。
1962年(昭和37)54歳将来を嘱望されながら亡くなる。

参考文献

穂高町誌穂高町誌編纂委員会/編安曇野市立図書館
安曇野の美術丸山楽雲/編安曇野市立図書館
1993穂高町出身の芸術家総合遺作展総合遺作展実行委員会/編 
長野県公式ホームページ